「Google Pixel 4」少ない「RAM」でより「快適」に。今後他の「Android」機種にも採用へ

先日の情報からも「Google」は「Google Pixel 4」シリーズの開発にあたって「80%」ルールを採用していることからも、そのスペックが中途半端になり物足りなさを感じてしまう可能性が高いとされています。

詳細は「「Google Pixel 4」の評価が低い理由。それは「80%」の人々を満足するために開発されたから。」をご参照下さい。また先日の情報からも「電池持ち」の悪さが起因していくつかの「機能」が無効化されていることが明らかになっています。

詳細は「また新たな「制限」。「Google Pixel 4」ディスプレイの明るさを約「1.5倍」にする方法判明」をご参照下さい。さて今回9To5Googleによると、「Google Pixel 4」シリーズでは「メモリ管理」が強化されている可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「メモリ」管理を強化に。

過去の「Google Pixel」シリーズにおいても「RAM」不足が原因で「不具合」が多発していたことが明らかになっており、「Google Pixel 4」シリーズではようやく「RAM」が強化されたとはいえ「6GB」に過ぎず、まだまだ他のAndroid機種と比較すると、物足りなさを覚えてしまいます。

今回の情報によると、「Google」は「Google Pixel 4」シリーズに対して配信を開始した「12月」のアップデートにおいて「メモリ」管理を強化している可能性が高いことが判明したとしています。

その詳細は判然としませんが、「Android」自体がより「メモリ」に最適化されるようになる可能性が高い。つまり少ない「RAM」でも快適に動く可能性が高いと考えることができます。一方でこの「メモリ」管理の強化は、今後他のAndroid機種にも採用される可能性が高いとしています。

つまり「Android」自体で、より「メモリ」管理を強化すると考えることができます。少なくとも今回の情報を見ていると、「Google」が目指しているのは「Apple」ということですよね。より「セキュリティ」を強化。

そして「ハード」に依存せず、「ソフト」でより快適にと。「Google」が「Apple」を意識することで、今後より「Android」と「iOS」は似たような存在になるのかもしれません。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG