「Google Pixel 4a」にも期待。海外サイト「2019ベストスマートフォン」に「Google Pixel 3a」選出

先日の情報からも、「11月」に配信された「Google Pixel 3」シリーズや「Google Pixel 3a」シリーズへのアップデートで「天体写真モード」に対応したことが明らかになっています。詳細は「「アップデート」配信開始。「Google Pixel 3/Pixel 3a」で「天体写真モード」対応」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google Pixel 3」シリーズや「Google Pixel 3a」シリーズに対しても、まもなく「12月」のセキュリティパッチが包括された「アップデート」の配信が開始することが明らかになっています。

詳細は「「Google Pixel 4」。「ディスプレイ」のちらつきや「Bluetooth」の修正を包括したアップデート配信開始へ」をご参照ください。さて今回Android Policeが「2019年ベストスマートフォン」として「Google Pixel 3a」を選出していることが明らかになったので簡単にまとめたいと思います。

「Google Pixel 3a」が選出。

さて同サイトによると、「Google Pixel 3a」は全てのユーザーにとって最善の選択肢ではないと前置きした上で、「Google Pixel 3a」が「2019年」に発売された機種の中で「ベストスマートフォン」だと高く評価しています。

少なくともユーザーはより高いコストをかけることで、大容量の「RAM/バッテリー」に「ディスプレイ」を搭載した機種を手に入れることができる。ただ誰もが、「スマートフォン」の高い「コスト」を出すことはできない。

これは「Google Pixel 4」シリーズも例外ではない。ただ「Google」はハイエンドモデルである「Google Pixel」の「ソフトウェア」「アップデート」「カメラ」をより安価な「Google Pixel 3a」シリーズで採用した。

決して万人に勧められる機種ではないが、自分の家族や知人、そして友人に気軽かつ最も勧められる機種こそが「Google Pixel 3a」だと高く評価しています。それこそ先日の情報からも「Google」は機種を開発する際に「80%ルール」を採用していることが明らかになっています。

詳細は「「Google Pixel 4」の評価が低い理由。それは「80%」の人々を満足するために開発されたから。」をご参照下さい。それこそ「ハイエンドモデル」である「Google Pixel 4」シリーズに「80%ルール」を採用すると物足りなさを否めません。

ただ「Google Pixel 3a」シリーズのように「ミドルレンジモデル」において「80%ルール」は最高のルールなのかもしれません。その価格にスペックと、「Xiaomi」や「Huawei」の機種と比較しても「コスパ」で見劣りすることはありません。

気軽に「ハイエンドモデル」の魅力を低価格で楽しむことができる。だからこそ「Google Pixel 3a」がベストスマートフォンに選出されたと考えることができます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG