「iPhone SE」の後継機種ではない?次期4.7インチモデルの正式名称「iPhone 9」に?

先日の情報からも、Appleは「2020年第1四半期」において、廉価モデルを追加する可能性が高いと予測されており、その本体価格は「4万円」程度になる可能性が高いと予測されています。詳細は「約「4万円」で。「iPhone SE 2」は「2020年第1四半期」発売で確定か?」をご参照下さい。

また先日の情報からも、この「廉価モデル」は「iPhone 8」のデザインがベースになっており、さらに「A13 Bionic」を搭載することなどからも、最も「コスパ」に優れた「iPhone」になる可能性が高いとされており、さらにリーク情報に基づいた「コンセプト画像」も公開されています。

詳細は「物欲が刺激される。「iPhone SE2」のレンダリング画像「公開」」をご参照下さい。さて今回MacDailyNewsによると、次期「4.7インチ」モデルの正式名称は「iPhone 9」になる可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

正式名称は「iPhone SE2」ではない?

さて先日の情報からも、「iPhone 8」のフォームファクターを採用する可能性が高いと予測されている「iPhone SE2」ですが、今回の情報によると、その正式名称は「iPhone SE2」ではなく「iPhone 9」になる可能性が高いとしています。

一部情報では、「iPhone SE2」と呼ばれているこの「廉価モデル」は「iPhone 8s」になるとも予測されていました。確かにそのデザインからも「iPhone SE2」より「iPhone 9」の方がしっくりきますよね。

仮に今回の情報が正しければ、「iPhone SE」の後継機種ではなく「iPhone 8」の後継機種として登場することになり、「iPhone SE」に関しては「1世代」で終了することになります。

先日の情報からも、「Apple」は「2020年」に「5つ」の新型「iPhone」を正式に発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone SE2+」の存在も?2020年Appleは新型「iPhone」を5つ発表に。」をご参照下さい。

すでに「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」の売上は鈍化している中、Appleとしても今後「廉価モデル」のラインナップを強化していくしかないと考えることができます。現に「iPad」の売上が回復しているのは、「廉価モデル」を拡充したことに起因しているので。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG