「Galaxy S11」。Qualcomm製「超音波式指紋センサー」採用せず「脆弱性」解消に?

先日の情報からも「Galaxy S11」と「Galaxy S11+」は「ペンタレンズカメラ」を搭載している可能性が高く、さらに「光学式10倍ズーム」そして「デジタル100倍ズーム」に対応している可能性が高いと予測されています。

詳細は「「ハッブル」の名は伊達じゃない。「Galaxy S11」。最大「100倍」ズームに対応へ」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、その認証情報から「Galaxy S11+」は「Galaxy S」シリーズで最大となる「5000mAh」のバッテリーを搭載する可能性が高いと予測されています。

詳細は「これでも足りない?「Galaxy S11+」のバッテリー容量は「5000mAh」でほぼ確定」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると「Galaxy S11」シリーズは「Qualcomm製超音波式指紋センサー」を搭載しない可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Qualcomm製」は採用せず?

さて先日「Qualcomm」が開催したイベントにおいて「第4世代」となる「超音波式指紋センサー」を正式に発表しました。従来と比較して、「認証速度」に「認証精度」が改善されたのに加え、「認証範囲」が現行の「17倍」。さらに「2つ」の指紋を同時に認証することが可能になっています。

詳細は「次期「Galaxy S11」超音波式指紋センサー。最大「17倍」認証範囲に拡大か」をご参照下さい。大きな進歩を遂げた「第4世代超音波式指紋センサー」となりますが、今回の情報によると、Samsungは「Galaxy S10」シリーズで採用した技術と同様の技術を今後採用しないことを明らかにしたとしています。

これは今後「第3世代指紋センサー」を採用しないという意味なのか、それとも「超音波式指紋センサー」を採用しないこと示唆しているのか判然としません。ただ散々指摘されている「超音波式」の脆弱性をわかっていながらも、「Galaxy S10」と「Galaxy Note10」に採用し、結局重大な「不具合」を発生させています。

このことを考えると、Samsungとしても「超音波式指紋センサー」は採用しずらいと考えることができます。とりあえず現状においては「超音波式」より「光学式」の方がかなり優秀です。「Galaxy S11」シリーズで「光学式」に切り替えるのか続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG