「Huawei Mate 40 Pro」で採用。「Kirin1020」。「Kirin990」対比「50%」以上強化

先日の情報からも、「Huawei」は例年より早く「2020年2月」にイベントを開催し、「Huawei P40」と「Huawei P40 Pro」を正式に発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Samsung」よりも早く。「Huawei P40 Pro」は「2020年2月中旬」に発表か?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei P40 Pro」はメインカメラが「ペンタレンズカメラ」に。そしてフロントカメラが「トリプルレンズカメラ」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Huawei P40 Pro」。「フロントカメラ3眼」+「メインカメラ5眼」に対応する可能性」をご参照下さい。

さて今回Huawei関連の情報に精通しているTeme(特米)氏が「Huawei Mate 40」シリーズに搭載される「Kirin1020」は大幅にスペックアップすると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Kirin1020」はバケモノ。

さて同氏は以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回のTweetを確認すると「Kirin1020」は「5nmプロセスルール」を採用し、さらに「5G」に対応。また現行の「Huawei Mate 30」シリーズに搭載されている「Kirin990」と比較した場合、その処理性能は「50%」以上向上する可能性があるとしています。

ちなみに「50%」近く「処理性能」が向上すれば、「2020年」に登場が予測されている「A14」チップにベンチマークで勝る可能性があると考えることができます。一方で「5nm」プロセスルールを採用しないのは「snapdragon865」のみになります。

やはり「独自SoC」を採用している方が、その開発の進捗が早いですね。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG