「ブラックフライデー」が影響?「Google Pixel 4」早期購入者に対して「Google」一部購入金額「返金」

「11月下旬」より「日本」を含めた一部対象地域において「Google」は「ブラックフライデー」を開始しており、「アメリカ」においては「Google Pixel 4」シリーズが「$200」で割引購入が可能となっています。

詳細は「「Pixel 3a」も「1万円引き」。「Google Pixel 4」ブラックフライデー開始は「11月24日」より」をご参照下さい。一方で先日には「ブラックフライデー」で「Google Pixel 4 XL」を購入した理由を簡単にまとめたので「「ブラックフライデー」で「Google Pixel 4 XL」を購入しようと思う「理由」」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Google Pixel 4」の早期購入者に対して、「Google」は本体代金の一部を返金していることが明らかになったと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

早期購入者に対して「返金」?

さて同サイトによると以下のようなTweetがされていることが明らかになったとしています。

簡単に言えば、「Google Pixel 4」シリーズを事前予約で購入した一部のユーザーが、すでに割引で販売となっている現状に対して、「Google」にコンタクトをとり、「$100」の返金を受け取ったことが判明したとしています。

簡単に言えば、「発売」1ヶ月で割引されたことに対して「クレーム」を言ったら、一部金額を返金して貰えたということになります。確かに発売日に購入して「ブラックフライデー」で「$200」の割引になれば文句を言いたくなるのも分かります。

ただ昨年「Google Pixel 3」シリーズの時も「ブラックフライデー」で割引となっており、今年の「Google Pixel 4」シリーズも「ブラックフライデー」の対象になることは容易に想像がつきます。

となると、クレームを言ってきたユーザーに対して「一部返金」してしまう方がよほど不公平に感じてしまうのは気のせいでしょうか。今後の動向に注目しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG