海外サイト「評価」。「Google Pixel 4」の称賛すべき点「望遠/手ぶれ補正/セルフィー」

先日の情報からも、深刻な問題となっている「Google Pixel 4」シリーズの「電池持ち」の悪さは、「アイドリング」状態で、「不具合」が発生していることが要因である可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Google Pixel 4」。その絶望的な「電池持ち」の悪さの原因が判明に」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、海外サイトが公開した「バッテリーテスト」の結果において、やはりその「スコア」はかなり厳しいものになっていることが明らかになっています。

詳細は「過去最悪と呼ばれた「Xperia Z5 premium」より悪い。「Google Pixel 4」バッテリーテスト結果「公開」」をご参照下さい。さて今回GSM Arenaが「Google Pixel 4」のレビューを公開しており、その「メリット」はカメラだと評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

評価すべきは「カメラ」

さて今回同サイトは「Google Pixel 4」を以下のように評価していることが判明しました。

Google Pixel 4評価
メリット90Hzに対応した「Smooth Display」
ズーム性能に優れた「望遠レンズ」
カメラ「肖像画/セルフィー」が優秀
光学式手ぶれ補正が優秀
デメリット「Smooth Display」の表示が制限されていること
「電池持ち」の悪さ
「Motion Sense」が使える地域が限定

「デメリット」に関しては、「電池持ち」の悪さがある意味圧倒的となっていますが、一方で「メリット」に関しては、「カメラ」中心の内容となっていることを確認することができます。

少なくとも「DxOMark」においては「112」のスコアを獲得していることが明らかになっています。詳細は「「世界最高」に到底及ばず。DxOMark「Google Pixel 4」のカメラスコア公開。」をご参照下さい。

少なくとも世界最高スコアには及びませんが、「Google Pixel 4」シリーズのカメラは、「加工感」がそこまで強くないことからも仕方ないのかもしれません。「DxOMark」で高評価を獲得するためには「加工感」を強くすること。そして「お金」をより多く支払う必要性があるので。

「風景」を綺麗に撮影できるのも嬉しいですが、何より「人物」を綺麗に撮影できのはユーザーとして非常に嬉しい点でもあります。ただ「カメラ」を多用すると、結局「電池持ち」がさらに悪化してしまうのですが。今後の動向に要注目です。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG