「Google Pixel 4」。その絶望的な「電池持ち」の悪さの原因が判明に

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズはその「電池持ち」の悪さからも、「Google Pixel 4 XL」はまだしも「Google Pixel 4」は購入するべきではないと評価されていることが明らかになっています。

詳細は「海外サイトの「辛辣」評価。「Google Pixel 4 XL」はまだしも「Pixel 4」は購入するべきではない」をご参照下さい。一方で先日の情報からも「Smooth Display」はそこまで「電池持ち」に悪影響を与えていないことが明らかになっています。

詳細は「「90Hz」はほぼ影響なし。「Google Pixel 4/XL」の「バッテリーテスト」結果公開」をご参照下さい。さて今回ComputerWorldによると「Google Pixel 4」シリーズの電池持ちの悪さの原因が判明したと報告しているので簡単にまとめたと思います。

「電池持ち」の悪さの原因。

多くのレビューにおいて「電池持ち」がかなり悪いと評価されている「Google Pixel 4」シリーズですが、今回の情報によると、その「電池持ち」の悪さが何なのかの様々なテストを行ったとしています。

同サイトはテストを繰り返す上で、一つたどり着いたのは「Google Pixel 4」が「アイドリング」状態になっている時の「電池持ち」の悪さ。「Android6.0」以降「Doze」が搭載されていることからも、消費電力効率は世代を重ねるごとに最適化されており、特に「アイドリング」状態では「Doze」を搭載しているかしていないかで雲泥の差があります。

「Doze」を搭載しているのに、なぜ「アイドリング」状態でここまで「電池」を消耗してしまうのか。その原因の一つとして「Motion Sense」を挙げています。「Motion Sense」には「アイドリング」という概念はなく、常に「ジェスチャー」操作が可能な状況となっています。

このことからも「Motion Sense」が原因である可能性が高いと思い、「Motion Sense」をオフにして「アイドリング」状況における「バッテリーテスト」を行った。すると「Motion Sense」が「オン/オフ」の状態でも結果が変わらなかったとしています。

つまり「Motion Sense」は原因ではないと考えることができます。ただ同サイトにおいて「アイドリング状態」において、何かしらの不具合が発生している可能性が高く、「Google」に対しても今回のバッテリーテストの結果を共有したとしています。

仮に「不具合」であれば、今後「アップデート」で改善される可能性があるとも考えることができます。少なくとも今回の情報によれば、「Google Pixel 4」は使っていない時こと消費電力効率が悪いということになります。今後の「Google」の対応が気になるところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG