「Galaxy Note10+」を購入するべきか。「Galaxy S11」スペック/デザイン「まとめ」

日本国内では「au/ドコモ」から「10月中旬」に発売された「Galaxy Note10+」ですが、先日の情報からも「楽天」からも「SIMフリー」としていよいよ発売になります。「キャリアモデル」としては過去最強の「RAM12GB/256GB」は非常に魅力的な選択肢です。

一方で「2020年2月」に正式発表される可能性が高い「Galaxy S11」シリーズですが、早くもCADを元に作成されたレンダリング画像が公開されています。詳細は「「カメラ」の配置が独特。ほぼ最終確定な「Galaxy S11+」レンダリング画像「公開」」をご参照下さい。

さて今回は執筆時点で判明している「Galaxy S11」シリーズのスペックやデザインについて簡単にまとめたいと思います。

準モデル「Galaxy S11e」

まずは「標準モデル」となる「Galaxy S11e」について簡単にまとめたいと思います。ちなみに前モデルである「Galaxy S10e」と比較すると以下のようになります。

スペックS10eS11e
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ5.8インチ6.3インチ
本体サイズ142.2 x 69.9 x 7.9 mm151.7x 69.1 x 7.9 mm
OSAndroid9.0Android10
SoCsnapdragon855snapdragon865
RAM6GB
ROM128GB128/256GB
バッテリー3100mAh3900mAh
生体認証顔/指紋(側面)顔/指紋(ディスプレイ)
防水/防塵IP68
イヤホンジャック×
5G×

「Galaxy S10e」は「廉価モデル」の立ち位置でしたが、「Galaxy S11e」は「標準モデル」の立ち位置に。デザイン/スペックと「Galaxy S11」シリーズと遜色ない仕上がりに。

ただその詳細は判然としませんが「カメラ」は差別化されています。「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができますが、「デュアルレンズカメラ」+「TOFセンサー」の組み合わせが妥当なラインかと。

中間モデル「Galaxy S11」

次に「Galaxy S10」シリーズでいえば「標準モデル」だった「Galaxy S10」の後継機種である「Galaxy S11」について確認したいと思います。

スペックS10S11
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.1インチ6.7インチ
リフレッシュレート60Hz120Hz
本体サイズ149.9 x 70.4 x 7.8 mm161.9 x 73.7 x 7.8mm
OSAndroid9.0Android10
SoCsnapdragon855snapdragon865
RAM8GB12GB?
ROM128/256GB256GB
バッテリー3400mAh?
生体認証顔/指紋(側面)顔/指紋(ディスプレイ)
防水/防塵IP68
イヤホンジャック×
5G×

「ディスプレイサイズ」が大型化していることからも、「本体サイズ」も大きくなっています。ただ「本体」の厚みに関しては変わらず。

一方でその詳細はまだ判然としませんが「カメラ」が大きく進化します。メインカメラに関しては「108MP」になると予測されており、さらに「望遠/超広角/TOF」そして「レーザーオートフォーカスセンサー」の合計「5つ」が搭載に。

執筆時点では「バッテリーサイズ」が判然としませんが、おそらく「Galaxy S11e」と同様「大型化」すると考えることができます。

最上位モデル「Galaxy S11+」

そして最後に最上位モデルである「Galaxy S11+」について確認したいと思います。

スペックS10+S11+
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.4インチ6.9インチ
リフレッシュレート60Hz120Hz
本体サイズ157.6 x 74.1 x 7.8 mm166.9 x 76 x 8.8mm
OSAndroid9.0Android10
SoCsnapdragon855snapdragon865
RAM8/12GB12GB?
ROM128/512GB/1TB256GB
バッテリー4100mAh5000mAh?
生体認証顔/指紋(側面)顔/指紋(ディスプレイ)
防水/防塵IP68
イヤホンジャック×
5G×

「Galaxy S11+」の本体サイズはどちらかといえば「Galaxy S10 5G」に近い本体サイズとなっており、「Galaxy S10+」と比較するとひと回り程度大きくなっていることを確認することができます。

そして「カメラ」に関しては、基本「Galaxy S11」と同じ構成になる可能性が高いと予測されていますが、ズーム機能が大幅に強化されており、最大「100倍」ズームに対応すると予測されています。

詳細は「「ハッブル」の名は伊達じゃない。「Galaxy S11」。最大「100倍」ズームに対応へ」をご参照下さい。また「ビデオ」機能も大幅に強化された「4K/120fps」や「8K/30fps」に対応すると予測されています。

詳細は「「Galaxy S11」。「Exynos990」搭載。さらに「8K30fps/4K120fps」に対応」をご参照下さい。

「Galaxy Note10+」を購入するべきか?

「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」シリーズの大きな違いはやはり「S-Pen」の有無。「S-Pen」に魅力を感じる人は「Galaxy Note10+」を購入するべきだと思います。一方で「カメラ」に重点を置く人は「Galaxy S11」シリーズの発売を待つことをおすすめします。

より「ディスプレイ」に「バッテリー」が大型化し、さらに「カメラ」の強化など、総じて満足度が高いのはおそらく「Galaxy S11」シリーズ。あと「3ヶ月」程度で正式発表になります。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG