「Google」が明らかに。「Pixel 4」新機能「天体写真モード」今後どのような改善が施されるのか判明

先日には「アメリカ」の「Google Store」において「ブラックフライデー」が開始しており、「Google Pixel 4」より「Google Pixel 4 XL」の方が人気が高いことが判明しています。詳細は「「ブラックフライデー」で早くも「Pixel 4 XL」品切れ。やはり「Google Pixel 4」より「人気」」をご参照下さい。

一方で国内の「Google Store」においては「11月29日」より開始し、「Google Pixel 4」シリーズを購入すると、「1万6000円」分の特典コードがもらえることが判明しています。詳細は「日本版「ブラックフライデー」特典判明。「Google Pixel 4」実質「1万6000円」割引」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、「Google Pixel 4」シリーズに搭載された新機能「天体写真モード」が今後どのような進化を遂げるのか判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「天体写真モード」がどのように進化するのか?

今回の情報によると、「天体写真」を撮影するにあたって、「Google」は非常に暗い屋外環境で、どのように撮影するべきか。少なくとも開発チームは「射手座」を指標にし、開発を開始したことが判明したとしています。

「射手座」を指標に開発を進めることで一つ得た洞察。それは「星」以外はぼやけても構わないが「星」はぼやけてはならない。そのために「露出時間」を「フレーム」に分割し、「星」がぼやけないように開発を進めたとしています。

ちなみに「Google Pixel 4」シリーズの「天体写真モード」は一つの露出が最大「16秒」となっており、最大で「4分」の撮影時間を要します。この「4分」にも意味があり、今回の情報によると、写真を撮影するにあたって「4分」以上待機する人はいない。このことからも「4分」以上にならないように開発したとしています。

ちなみに「Google Pixel 3」シリーズもアップデートにより「天体写真モード」に対応していますが、撮影時間が「1分」と制限されており、やはり「Google Pixel 4」シリーズには劣る仕様となっています。

また「AI」を駆使することで、「空」なのか「空」ではないのかということを認識させているからこそ、より「星」が際立つこれほど完成度の高い「天体写真」の撮影が可能になったとしています。ただもちろん「天体写真モード」にも改善の余地があるとしています。

「天体写真モード」の今後の課題
「月明かりの風景」や「月の表面」を撮影することができるが、同時に「明るいシーン」を撮影することができない。
星が唯一の光源である場合、「空」はクリアな撮影が可能だが、「風景」はただの「シルエット」となってしまう。

少なくとも今回の情報により、次期「Google Pixel」シリーズでも「天体写真モード」が搭載され、さらに進化していくと考えることができます。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG