「Android」に疲れたユーザーこそ。「Google Pixel 4」がおすすめ

すでに多くのサイトが「Google Pixel 4」シリーズのレビューを公開していますが、厳し目の評価が多く、先日の情報からも、「天体写真モード」以外印象的なものはないと評価されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/19/is-there-any-value-other-than-astrophotography-a-painful-evaluation-of-the-overseas-site-google-pixel-4/」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、大手海外サイトは「Google Pixel 4」の開発にあたって「80%ルール」を採用しているからも、その完成度が中途半端だと厳しい評価が下されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/10/reason-why-google-pixel-4-is-low-because-it-was-developed-to-satisfy-80-people/」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleが、「Google Pixel 4」シリーズの新たなレビューを公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Android」に疲れたユーザーこそ。

さて同サイトによると、「Google Pixel 4」シリーズにおいて、やはり「電池持ち」は大きな懸念が残る。そして先日の評価と同じく、「電池持ち」の観点からも「Google Pixel 4 XL」の方がマシだと評価しています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/08/spicy-evaluation-of-overseas-sites-google-pixel-4-xl-should-not-be-purchased-yet-pixel-4/」をご参照下さい。

ただこの評価は「電池持ち」という観点から見た場合であって、ユーザーが「Google Pixel 4」シリーズに何を求めるか。それユーザーによって異なることであり、必ずしも「電池持ち」が「正」ではないとしています。

そして次の「4つ」の点が「Google Pixel 4」シリーズの優れたポイントだと評価しています。

「Google Pixel 4」の優れたポイント
「不具合」はあっても「バグ」はほとんどない。
プリインストールされた「アプリ」や「UI」によって肥大化することがない。
「天体写真モード」や「Motion Sense」などの独自機能の搭載。
即座に最新の「OS」が配信される。

また一方で「ベゼルレスデザイン」は不採用。明るい「ディスプレイ」も搭載しておらず、「電池持ち」も悪いと、当たり前ですが、「メリット」と「デメリット」の両方がある。

その上でユーザーは「Google Pixel 4」に何を求めてるのか。同サイトによれば、他のメーカーの「Android」機種に疲れたユーザーこそ、「ピュアアンドロイド」を搭載し、さらに迅速にアップデートが配信される「Google Pixel 4」をおすすめするとしています。

何より、「Google Pixel 4」の最大の強みは「ソフト」関連だとしています。ただ逆にいえば、「Google Pixel」シリーズでは共通の強みであり、旧「Google Pixel」シリーズからわざわざ乗り換えるような価値はないと評価しています。

個人的には、「Google Pixel 3」シリーズと比較すれば大幅にコスパが改善したとはいえ、そのスペックを考えるとやはりまだまだ割高だと感じてしまいます。来年の5月に発表が予測されている「Google Pixel 4a」シリーズの登場が楽しみです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG