「Mate 30 Pro」とは異なるデザインを。「Galaxy S11」ほぼ「ベゼルレスデザイン」採用へ

先日の情報からも、来年の初頭に正式発表が予測されている「Galaxy S11」シリーズですが、先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズと比較して「ディスプレイ」が大型化する可能性が高いと予測されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/12/galaxy-s11-concept-image-released-as-soon-as-possible-comparison-with-galaxy-s10-and-iphone-12-pro-max/」をご参照下さい。

また先日の情報からも、次期「Galaxy S11」シリーズは、「iPhone 11 Pro」や「Google Pixel 4」のような「マットデザイン」を採用する可能性が高いと予測されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/11/galaxy-s11-possibility-of-adopting-larger-display-matte-glass/」をご参照下さい。

さて今回Samsung関連の情報に精通しているIceUniverse氏によると、次期「Galaxy S11」シリーズは、よりスリムな「ベゼルレスデザイン」を採用する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

よりスリムな「ベゼルレスデザイン」を採用に。

さて今回同氏は以下のようにTweetしています。

今回のTweetを確認すると、「Galaxy S11」シリーズは、「Huawei Mate 30 Pro」のような「WaterFall Screen」デザインを採用せず、「Galaxy Note10」より、よりスリムな「ベゼル」を採用する可能性が高いとしています。

少なくともよりベゼルレスデザインになることがあっても、「Edge」がこれ以上に角度が増すことはないと考えることができます。少なくともカスタマイズなしでは、「Galaxy Note10」シリーズでは、「Edge」部分でよく「誤反応」がおきます。

一方で「Huawei Mate 30 Pro」に関しては、カスタマイズなしでも「Edge」部分でほぼ誤反応は起きません。このことを考えると、これ以上「Edge」が強化されないのは、ユーザーとしては歓迎すべきなのかもしれません。

先日の情報からも、「Galaxy S11」シリーズは「Under Display Camera」は採用せず、「パンチホール」を採用する可能性が高いと予測されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/10/21/first-under-display-camera-installed-possibility-that-it-is-neither-galaxy-s11-nor-galaxy-fold-2/」をご参照下さい。

今回の情報を含めて考えると、デザインの刷新は行われず、「Galaxy Note10」と比較的近いデザインになるのかもしれません。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG