「Galaxy Fold」が完成するまで。「1000パターン」以上の「プロトタイプ」を作成へ

「10月下旬」より「日本」国内でも発売された「Galaxy Fold」ですが、先日の情報からも、まもなく国内で予約できる規定量に到達する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/13/does-china-have-priority-over-japan-the-second-arrival-of-galaxy-fold-is-also-sold-out-immediately/」をご参照下さい。

一方で先日には「Galaxy Fold」を「2週間」使って感じた「デメリット」をまとめてみたので「https://gazyekichi96.com/2019/11/14/please-check-before-purchasing-demerits-felt-after-using-galaxy-fold-for-2-weeks/」をご参照下さい。

さて今回Samsungが「Galaxy Fold」の開発秘話を明らかにしたとSam Mobileが報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Galaxy Fold」の開発秘話が公開。

さて今回の情報によると、「Samsung」は「Galaxy Fold」の「フォームファクター」を完成させるために、人々が日常生活の中で、本や財布など様々な物をどのように展開するのか徹底的に研究を行ったとしています。

また「開発チーム」は「発泡ボード」など、様々な素材を使用した上で「1000」を超えると「プロトタイプ」を開発したとしており、その上で、製品版「Galaxy Fold」の形状が生み出されたとしています。

また「Galaxy Fold」は開いた時に「バランス」をとりやすいよう、「重さ」は均等になっており、さらに「指紋認証」はユーザーが使いやすいように自然と「親指」の位置にくるように配置したとしています。

少なくとも「インディスプレイ指紋センサー」を搭載することは不可能ではないみたいですが、「Galaxy Fold」の「ディスプレイ表面」が「プラスチック」であることからも、あまり圧力をかけることに向かないため、「物理式」を採用したことを明らかにしています。

「Galaxy Fold」のデザインやスペックについて、否定的な意見もかなり多いですが、実際に使ってみると、かなり完成度の高さです。次世代機ではどのような進化をするのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG