次期Galaxy Fold(SM-F700F)。「256GB」カラバリ「2色」でより多くの地域で発売へ

先日の情報からも、Samsungは次期「Galaxy Fold」は新素材である「UTG」を採用する可能性が高く、現行の「Galaxy Fold」に発生している「折り目」の問題が改善できる可能性が高いと予測されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/14/mass-production-started-galaxy-fold-2-new-material-utg-adoption-confirmed-galaxy-fold-defect-to-resolve/」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy Fold」では、現行の「Galaxy Fold」と全く異なる「ディスプレイサイズ」に「デザイン」を採用する可能性があるとも予測されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/10/19/the-next-folding-model-2020-to-adopt-design-and-shape-completely-different-from-galaxy-fold/」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして定評のあるIshan Agawal氏が、次期「Galaxy Fold」についてTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

次期「Galaxy Fold」のヒント

さて今回同氏は以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回のTweetによると、「SM/F700F」は「4Gモデル」のみ。さらにストレージは「256GB」。そして「ブラック」と「パープル」の2色展開で、「アメリカ」や「インド」「中国」などより多くの地域で発売するとしています。

同氏が言及している「SM/F700F」は、以前より「Galaxy Fold」の廉価モデルになると予測されている機種ですが、今回のTweetでは、この「SM-F700F」と「Galaxy Fold」は全く別のシリーズになるとしています。

まだその詳細なスペックは判然としませんが、「256GB」に抑えられていることなどを考えると、「Galaxy Fold」よりは低価格になる可能性が高いと考えることができます。

そして先日の情報からも、Samsungは「2020年」で「600万台」と「2019年」の約「10倍」の「折りたたみ機種」を出荷することが目標であることが明らかになっています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/10/25/galaxy-fold-was-a-great-success-2020-folding-model-including-galaxy-fold-2-target-sales-volume-10-times/」をご参照下さい。

このことからも、確実にラインナップを増やしてくると判断することができますが、今回の情報に基づけば、「Galaxy Fold」の後継機種。

そして「SM-F700F」さらに「クラムシェルデザイン」を採用した機種と、最低でも3機種は発表されるのかもしれません。続報に期待しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG