「電池持ち」だけじゃない。「ディスプレイ」においても「Google Pixel 4」より「Google Pixel 4 XL」の方がまだマシ

先日の情報からも、当初の懸念通り「Google Pixel 4」シリーズの電池持ちは非常に悪く、大手海外サイトは「Google Pixel 4 XL」はまだしも「Google Pixel 4」はおすすめしないと非常に厳しい評価を下していることが明らかになっています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/08/spicy-evaluation-of-overseas-sites-google-pixel-4-xl-should-not-be-purchased-yet-pixel-4/」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google Pixel 4」は、「Google」の「80%」の人を満足させるために開発された機種であるからこそ、失敗する可能性が高いと評価されています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/10/reason-why-google-pixel-4-is-low-because-it-was-developed-to-satisfy-80-people/」をご参照下さい。

さて今回XDAによると、「Google Pixel 4」シリーズにおいて、「ディスプレイ」に関しても「Google Pixel 4 XL」の方がまだマシだと評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Google Pixel 4 XL」のディスプレイが優秀。

さて同サイトは「Google Pixel 4」シリーズの「ディスプレイテスト」を行っており、そのハイライトをまとめると以下のようになります。

Pixel 4評価
メリット「Google Pixel 3」シリーズと比較すると「ブラッククリッピング」が改善している
スマートフォン最高クラスの「総合色精度」
滑らかな「90Hz」のリフレッシュレート
最高クラスの「視野角」
デメリット暗すぎる「ディスプレイ」
「Google Pixel 4 XL」において「コントラスト/ガンマ」の不一致
「Google Pixel 4」において「グレースケールカラー」の広がり

少なくとも同サイトはトータル評価において「B」の評価としています。そして「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」では異なる表示解像度を採用していることからも、テキストを確認する場合、その差を顕著に確認することができるとしています。

まず「ディスプレイ」の色温度もそうですが何より、「Google Pixel 4 XL」がより「シャープ」の表示できるものを「Google Pixel 4」では表示できないと評価しています。

そして「Google Pixel 4」シリーズを通して、最大の「デメリット」は「最高輝度」だとしています。上記の画像からも「Google Pixel 4」シリーズの「ディスプレイ」がいかに暗いか確認することができます。

先日の情報からも「Google Pixel 4」は「高輝度モード」に対応していることが明らかになっています。

詳細は「https://gazyekichi96.com/2019/11/09/there-is-also-a-new-restriction-google-pixel-4-turned-out-to-be-about-double-the-brightness-of-the-display/」をご参照下さい。

ただこの「高輝度モード」も無効化されており、結局は「電池持ち」の悪さが「ディスプレイ」の評価にも影響していると判断することができます。そして何より、「Google Pixel 4 XL」の方が電池持ちがいいことからも、その他の評価も「Google Pixel 4」より優れているとの評価に繋がっています。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG