「冬」使うのは推奨しない。「Huawei Mate X」の耐久性「寒さ」にも弱い

「10月下旬」に「Huawei」は「Huawei Mate X」を正式に発表しており、「中国市場」においては「11月15日」より、いよいよ発売することを明らかにしています。詳細は「「11月15日」発売。「Huawei Mate X」「Huawei Mate XS」正式発表」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「SIMフリーモデル」に関しては、安くて「33万9000円」程度で購入が可能になっていることが明らかになっています。詳細は「「SIMフリー」なら「Galaxy Fold」より割安。「Huawei Mate X」33万9000円で購入可能」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei Mate X」は「-5°」の環境下だと折り曲げることができないことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「-5°」では保証されない。

さて今回の情報によると、「Huawei Mate X」は「-5°」以下の環境下で使うことができないことが判明したとしています。少なくとも「-5°」以下の環境下においては、保証されないと考えるべきかもしれません。

さらに「Galaxy Fold」と同様ですが、以下のような注意点も明らかにしています。

「Huawei Mate X」の注意点
本体を地面に落としたりぶつけたりしないこと。
特別な「保護フィルム」が設置されており、剥がしたりしないこと。
特別な「保護フィルム」の上でに、「スクリーンプロテクター」など追加しないでください。
故障などした場合は、「Huawei」のカスタマーサービスに連絡して下さい。

他の機種と異なり、「折りたたみ」を採用した機種は「本体の耐久性」が著しく低いです。また他の機種と比較して「スクリーンプロテクター」の装着も禁止されています。「Galaxy Fold」はまた内側に折り畳めますが、「Huawei Mate X」は外側の折りたたむことになります。

なので「-5°」はおそらく「Galaxy Fold」や「スマートフォン」自体が推奨されている環境温度ではないため、あまり気にすることはありませんが、それ以上に「ディスプレイ」をどうやって保護するのか。そっちの方が問題かもしれません。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG