「Google Pixel 4」の評価が低い理由。それは「80%」の人々を満足するために開発されたから。

先日の情報からも、「アップデート」により、「Smooth Display」はより低い「ディスプレイ輝度」で動作するように改善されていることが判明しています。詳細は「「アップデート」で改善。「Google Pixel 4」90Hz表示方法は輝度「60%」以上」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Smooth Display」をオンにしているときオフにしているときで、そこまで「電池持ち」に差はなく、どちらにせよ「電池持ち」が悪いと評価されています。詳細は「大手海外サイト「バッテリーテスト」公開。「Google Pixel 4 XL」電池持ち「冬モデル」最低クラス」をご参照下さい。

さて今回Android Policeによると、「Google」は「80%」にユーザーを優先して「Google Pixel 4」を開発したことが最大の過ちだと評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「80%」のユーザーを優先して。

さて今回の情報によると、「Google Pixel 4」シリーズが「4K60fps」に対応しなかった理由を、「Google Pixel 4」のプロダクトマネージャーであるIsaac Reynolds氏は podcastにおいて以下のように発言しています。

80% of people will never use this feature.

「80%」の人々は、「4K60fps」の機能を必要としていないから。同サイトによると、「Google」の暗黙の哲学として、商品開発する上で「80%ルール」が適用されているとしています。つまり「80%」のユーザーが満足できるものを開発しようというものになります。

少なくとも「100%」のユーザーを満足させることは正直不可能です。これは「Google」に限った話ではなく、他のメーカーにおいても同様です。ただ同サイトは「Google Pixel 4」のスペックが非常に弱いことに言及しています。「iPhone 11 Pro」は「トリプルレンズカメラ」を搭載しているのに「デュアルレンズカメラ」。

「Android」の一部機種は最大「1TB」のストレージに対応しているのに対して「128GB」。また「RAM12GB」まで必要なのか判然としないが、「RAM6GB」に留まっていることを指摘しており、「Google Pixel 4」が高価格であることを考えると、たとえ「RAM8GB」だったとしても収支が破綻することはないだろうとしています。

また、これら「Google Pixel 4」のスペックは、最小限のことで製品を最大限化するための、「Google」の哲学の現れであり、「Google」の一種の「ミニマリズム」だとしています。

ただやはり問題になるのは「80%ルール」だとしており、少なくとも「80%」のユーザーが満足するように製品開発する。ただ残りの「20%」は満足しない。つまり「20%」のユーザーは、「80%」のユーザーに対して、あまり購入するべきではないと伝える。

その結果「80%」のうち、「20%」のユーザーは、実際に「20%」のユーザーに影響される可能性が高いとしています。そもそも「ガジェットサイト」を運営しているブロガーや「企業」はこの満足しない「20%」に含まれることが多い。

そして多くのユーザーはこの「ブロガー」や「企業」が発信した内容をもとに購入するかどうか検討する。つまり同サイトによれば、この「20%」をいかに減らすことができるか。満足させることができるかが、その製品が成功するか失敗するかの大きな鍵になっているとしています。

だからこそ、「80%ルール」は「Google」にとって最大の過ちになっている可能性が高いとしています。同サイトの言う通り、スマホが好きな人ほど「Google Pixel 4」シリーズのスペックは満足できるものではありません。

いかに「スマホ」など「ガジェット」を好きな人に夢中にさせるか。ある意味「Samsung」や「Huawei」がスペックてんこ盛りにするのは正解なのかもしれません。今後の動向に要注目です。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG