「アップデート」で改善。「Google Pixel 4」90Hz表示方法は輝度「60%」以上

先日の情報からも、「Google Pixel 4 XL」のバッテリーテストの結果が公開されており、当初の懸念通り、冬モデルの中でも最低クラスの電池持ちであることが判明しています。詳細は「大手海外サイト「バッテリーテスト」公開。「Google Pixel 4 XL」電池持ち「冬モデル」最低クラス」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、大きく注目を集めている「カメラ」ですが、「ホワイトバランス」に深刻な不具合が発生していることが判明しています。詳細は「「Google Pixel 4」カメラ。「ホワイトバランス」調整機能に致命的な「欠陥」判明」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、先日より配信を開始されたアップデートによって、「Google Pixel 4」シリーズで「90Hz」表示するための要件が判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

ディスプレイ輝度がより緩和。

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズの新機能「Smooth Display」で「90Hz」表示するためにはディスプレイ輝度を「75%」以上にする必要性があることが判明していました。詳細は「「Pokemon Go」も。「Google Pixel 4」90Hz表示ができない「4つ」のアプリ判明」をご参照下さい。

さて今回の情報によると、「ディスプレイ輝度」を「60%」以上になっている場合、「90Hz」で表示されていることを確認することができたとしています。つまりより低い輝度でも「90Hz」表示が可能になったと判断することができます。

ちなみに先日の情報からも「90Hz」表示にしても、そこまで「電池持ち」に悪影響を与えないことが判明しています。詳細は「「90Hz」はほぼ影響なし。「Google Pixel 4/XL」の「バッテリーテスト」結果公開」をご参照下さい。

むしろ「ディスプレイ輝度」を下げている分、「電池持ち」が改善している可能性も考えられます。ただ今回の情報によると、低い輝度で表示すると、ディスプレイが「緑がかった」ように見えるとしています。

これは不具合なのかどうか判然としませんが、少なくとも、より多くのシーンで「90Hz」表示できるのはユーザーとしてもありがたいですよね。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG