「Google Pixel 4」カメラ。「ホワイトバランス」調整機能に致命的な「欠陥」判明

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズは「電池持ち」がかなり悪いことが判明しており、また「カメラ」を多用すると、劇的に「電池持ち」が悪化することが判明しています。詳細は「「Google」過去最高機種「Google Pixel 4」。けど「電池持ち」はやばい」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズの新機能である「Motion Sense」は、非対応地域に入ると、自動的に機能「オフ」になることが判明しています。詳細は「「Google Pixel 4」すごい。「Motion Sense」非対応地域に行くと自動で「オフ」になる」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、「Google Pixel 4」シリーズの「ホワイトバランス」調整機能には、致命的な欠陥が発生している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「ホワイトバランス」に欠陥が。

さて上記の画像は「iPhone X」で撮影した画像となっています。

次に上記の画像は「Google Pixel 4」で撮影した画像になります。実際に部屋の証明は「ピンク」だとしており、「Google Pixel 4」ではだいぶ「黄色」よりに調整されていることを確認することができます。

次に上記の画像は「iPhone X」で撮影した画像になります。

そして「Google Pixel 4」で撮影した画像になります。どちらの画像もかなり「黄色」よりになっています。同サイトによれば、「Google Pixel 4」のカメラにおける「ホワイトバランス」のアルゴリズムに欠陥がある可能性が高いと報告しています。

少なくとも極端な撮影環境かもしれませんが、「Google」はカメラソフトの修正をする必要性はあると判断することができます。何より「ホワイトバランス」の調整は、「Google Pixel 4」シリーズの新機能の一つです。

先日の情報からも、「Smooth Display」は、輝度が「75%」以上に設定しないと、「90Hz」で表示されないことが判明しており、今後アップデートによって改善するとしています。詳細は「早くも「アップデート」で改善。「Google Pixel 4」「90Hz」で表示する条件が判明」をご参照下さい。

他の「Android」と比較して、「ソフト」がより洗練されている「Google Pixel」シリーズですが、発売直後に「バグ」が多いのも定番になりつつありますよね。今年は「iOS13」とまさにバグだらけです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG