次期Xperia(2020)が「カメラ」で高評価を獲得する方法。それは「DxOMark」に金を払うだけ

先日の情報からも、次期「Xperia」では、「snapdragon865」に「4K OLED HDR」そして「5G」に対応している可能性が高いと予測されています。詳細は「「カメラ」刷新。次期Xperia(2020)はsnapdragon865+4K OLED HDR搭載。」をご参照下さい。

さらに先日の情報からも、「ドコモ」が2020年春の「5G」開始に合わせて、「5G対応機種」を改めて発表するとしていることからも、「MWC2020」で発表される機種が、日本国内でもすぐに正式発表される可能性が高いと考えることができます。

詳細は「次期Xperia(2020)や「Galaxy S11」など。「MWC2020」直後にドコモから正式発表か」をご参照下さい。さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「DxOmark」によりお金を支払うことで、「Xperia」のカメラスコアは高くなると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「DxOMark」によりお金を払うだけ。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Xperia 1 and 5 have very good cameras, they just need to pay DXO for that top score. We’re at the stage now where we need unique software features and a better camera interface.

さて今回の投稿によると、「Xperia 1」と「Xperia 5」は非常に優れた「カメラ」を搭載しており、トップスコアを獲得したいのなら「DxOMark」にあとは支払うだけだとしています。また今の「Xperia」はより、独自の「ソフトウェア」とより優れた「カメラインターフェイス」が必要だとしています。

ちょっと訳し方が間違っていたら申し訳ないのですが、昔から気になったのは、「DxOMark」は何を基準でスコアを公開する機種を選択しているのか。少なくとも同サイトが独自に選んでいるという感じではありませんでした。

また「Huawei」は新製品発表会において、「DxOMark」のスコアを合わせて発表することがあったことからも、評価を依頼することができる。つまり依頼ができるとなると、お金は発生しますよね。また「Xperia XZ3」のレビューと、「Xperia 1」のレビューを見ると、その内容の密度に大きな差がある。

このことを考えると、お金の掛け方で、より詳細なレビューを公開してくれる可能性が高い。そしてお金をかけてくれるメーカーほど、高スコアを獲得しやすい可能性も十分に考えられます。だとすれば、「Xperia」が「DxOMark」でより高評価を獲得するためには、より多くのコストをかければいいということになります。

ただ「お金」の上でスコアが決まってくるのであれば、ちょっと同サイトのランキングはあてにならないですよね。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG