「グローバル市場」で発売しなくなるのでは?「Huawei」ほぼ「中国市場」で「2億7000万台」出荷

今年の「5月」以降、アメリカの「エンティティリスト」に「Huawei」が追加されましたが、先日の情報からも、「2019年第3四半期」において、前年対比「24.4%」成長していることが判明しています。詳細は「「Mate 30 Pro」の人気も。「Huawei」前年対比「24.4%」増と大幅な成長を邁進中」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は前年対比「67日」早く「2億台」の出荷を達成していることが判明しており、「中国」市場で爆発的なヒットになっていると判断することができます。詳細は「「Huawei」CEOも認める。「Huawei」製品に「Googleアプリ」(GMS)復活は「当分先」」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei」は2019年、最終的に「2億7000万台」を出荷する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

2億7000万台程度の出荷に。

さて今回の情報によると、Huaweiの任正非CEOは、2019年の出荷台数が「2億7000万台」程度になるとヨーロッパのメディアに明らかにしたとしています。「2億7000万台」と聞いただけだと、あまりピンとこないと思いますが、2018年にSamsungは「2億9000万台」出荷しています。

つまり「エンティティリスト」の影響を受けながらも、世界1位のSamsungに迫る出荷台数を記録していると判断することができます。少なくとも、「Huawei」はホリデーシーズンに向けて、「Huawei Mate 30」シリーズの「5G」モデルや「Huawei Mate X」の発売します。

詳細は「「11月15日」発売。「Huawei Mate X」「Huawei Mate XS」正式発表」をご参照下さい。特に「中国」国内で「5G」対応機種に勢いがあることからも、より出荷台数を伸ばす可能性も十分に考えられます。

逆に「エンティティリスト」の影響を受けながらも、これだけの数字を「中国」市場メインで達成することができると、「Huawei」は今後「GMS」や「グローバル市場」をあまり重要視しなくなる可能性も考えられます。

先日の情報からも、「Huawei」とアメリカの交渉は難航していることが判明しています。詳細は「「Mate 30 Pro」で「Googleアプリ」復活期待。けど「Huawei」アメリカとの交渉に遅れ」をご参照下さい。「Google離れ」がより一層進む前に、早く状況が改善して欲しいところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG