「Google Pixel 4」すごい。「Motion Sense」非対応地域に行くと自動で「オフ」になる

先日には「SoftBank」と「Google Store」から発売された「Google Pixel 4」シリーズですが、特に「Google Pixel 4」は小型モデルとして、今年の冬モデルの中でもかなり注目度が高いと判断することができます。詳細は「どちらがおすすめか。「iPhone 11 Pro」「Google Pixel 4」スペック比較」をご参照下さい。

また「Google Pixel 4」と「iPhone 11 Pro」のカメラ比較画像が公開されており、「夜間撮影」においては「Google Pixel 4」の方が強いと判断することができます。詳細は「ちょっと「暗い」。「Google Pixel 4」「iPhone 11 Pro」カメラ比較画像公開」をご参照下さい。

さて今回「Google Pixel 4」に搭載された「Motion Sense」は非対応地域に入ると、自動的に「オフ」になることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Motion Sense」が自動「オフ」

さて今回韓国のメディアサイトによると、「Google Pixel 4」シリーズに搭載された新機能である「Motion Sense」は「非対応地域」に入ると、自動的に機能が「オフ」になることが判明したと報告しています。ちなみに先日の情報からも、その対象地域は判明しています。

詳細は「「Google Pixel 4」の画期的ジェスチャー操作は日本では非対応の可能性。」をご参照下さい。少なくとも海外版「SIMフリー」を購入しても、日本国内では「Motion Sense」が使えないと判断することができます。

それだけ使用地域に応じて、「機能」を制御しているのもすごいですよね。ちなみに先日の情報からも、「ソリレーダー」の認可が下りなかったことからも、「Google Pixel 4」は「インド」で発売されないことが判明しています。詳細は「「日本」は発売されるだけマシ。「Google Pixel 4」インドで発売されない理由」をご参照下さい。

それだけ「Motion Sense」は「Google」のとって重要な機能の一つであるからこそ、その管理も厳重だと判断することができます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG