早くも「アップデート」で改善。「Google Pixel 4」「90Hz」で表示する条件が判明

いよいよ「日本」国内でも発売された「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」ですが、先日の情報からも、「Google Pixel 4 XL」のディスプレイは世界最高評価を獲得していることが判明しています。

詳細は「ほぼ「完璧」。「Google Pixel 4」ディスプレイ「世界最高評価」獲得」をご参照下さい。一方で、早くも「DxOMark」においてもスコアが公開されており、世界最高スコアには遠く及ばず「112」であったことが判明しています。

詳細は「「世界最高」に到底及ばず。DxOMark「Google Pixel 4」のカメラスコア公開。」をご参照下さい。さて今回Android Headlinesによると、「Google Pixel 4」で「90HZ」表示をさせるための条件が判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「90Hz」で表示させるための条件。

「Google Pixel 4」シリーズでは新たに「Smooth Display」に対応していますが、多くの場合「60Hz」で表示されていることが判明しています。今回の情報によると、「90Hz」で表示させるための条件は「ディスプレイ輝度を75%以上に設定すること」であることが判明したとしています。

ただし例外があり「Ambient EQ」をオンにしている状態では、「輝度」が「75%」を下回っても「90Hz」で表示されるとしています。ただ先日の情報からも「Google Pixel 4」シリーズの「電池持ち」はかなり悪いことが判明しています。

詳細は「「Google」過去最高機種「Google Pixel 4」。けど「電池持ち」はやばい」をご参照下さい。なので、「ディスプレイ輝度」を「75%」以上に設定して、さらに「90Hz」で表示した場合、本当にすぐ電池がなくなると判断することができます。

ちなみに「Google」は多くの場合で「90Hz」で表示されないことに対して以下のように発言しています。

We constantly assess whether these parameters lead to the best overall user experience. We have previously planned updates that we’ll roll out in the coming weeks that include enabling 90hz in more brightness conditions.

今後数週間以内にアップデートを配信することで、より多くの場合で「90Hz」表示ができるようになります。としています。ただ一つ気になるのは、「アップデート」によって、より「90Hz」で表示されることによって、さらに「電池持ち」が悪化しないかということです。今後の動向に要注目です。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG