「Galaxy Fold」大成功。2020年「Galaxy Fold 2」含め「折りたたみ機種」目標販売台数「10倍」へ

日本ではまもなく「au」から発売開始になる「Galaxy Fold」ですが、先日の情報からも、各地での初回入荷数は「2000台」程度であることが判明しており、「au」に関しても予約しないとほぼ入手不可能である可能性が高いと予測されています。

詳細は「「au」版も予約必須か。「Galaxy Fold」市場ごとの初回入荷数は「2000台」程度」をご参照下さい。また数量限定で発売していることからも、より多くの反響が生まれており、当初の目標対比「40%」増と大成功になっていることが判明しています。

詳細は「目標対比「40%」増。「Galaxy Fold」1日あたりの生産台数「3300台」程度」をご参照ください。さて今回ETNEWSによると、Samsungは「2020年」に「折り畳み機種」を「600万台」以上販売することを目標にしていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

年間販売目標が「10倍」へ。

さて今回の情報によると、Samsungは2020年における「折りたたみ機種」の販売目標を「600万台」程度に設定する可能性が高いことが判明したとしています。ちなみに「Galaxy Fold」の販売目標台数が「50万台」程度であることからも、2020年は約「10倍」の目標販売台数になります。

先日の情報からも、次期「Galaxy Fold 2」では新素材である「UTG」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「折りたたみ機種」(2020)。「Galaxy Fold」と全く異なる「デザイン」「形状」を採用へ」をご参照下さい。

Samsungは目標販売台数を増やすにあたって、「UTG」含めて、「サプライヤー」の生産能力や歩留率などを徹底的に調べているとしており、必要に応じては、設備投資も検討していることが判明したとしています。

ちなみにある調査会社によると、2020年の「折りたたみ機種」の出荷予測は「300万台」程度と予測しており、「DSCC」に関しては「400〜500万台」程度になると予測しています。このことからも、Samsungの目標は、アナリストの予測を大きく上回ることになります。

またプレミアムモデルである「Galaxy Note」シリーズは年間「1000万台」以上売れることからも、さらに追加で「折りたたみ機種」を積極的に販売することでSamsungの利益率を大幅に改善する可能性が高いとしています。

もちろん今まで「Galaxy Note」を購入していたユーザーが「Galaxy Fold 2」などに移行し、「Galaxy Note」シリーズの売上は落ちる可能性がありますが、より高単価な機種が売れることで、確かに利益率は改善する可能性が高いですよね。

先日の情報からも、Samsungは「中国」で「W20 5G」を正式発表すると予測されています。詳細は「「Galaxy Fold」とは別。Samsung「11月」に折りたたみ機種「W20 5G」正式発表へ」をご参照下さい。

Samsungは今後「折りたたみ機種」のラインナップをどのように強化していくのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG