「Galaxy S10/Note10」発生中の「指紋認証」不具合。その「原因」判明

先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズや「Galaxy Note10」シリーズなど、「超音波式インディスプレイ指紋センサー」を搭載した機種に、深刻な不具合が発生していることが判明しています。詳細は「早くも「品切れ」に。でも「Galaxy Note10+」重大な「セキュリティ」欠陥判明」をご参照下さい。

一方でSamsungも声明を発表しており、少なくともアップデートが配信されるまでの対処方法に関しては「「Galaxy S10+/Galaxy Note10+」指紋認証不具合「対処方法」まとめ」をご参照下さい。

さて今回ETNEWSによると、「Galaxy S10」や「Galaxy Note10」に発生している「指紋認証」の不具合の原因に言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「不具合」が発生した原因。

今回の「不具合」は、「サードパーティ製スクリーンプロテクター」を使用すると、「認証精度」が極端に悪化し、ユーザーの指紋以外でも認証可能になるというものです。ちなみに「Galaxy S10」シリーズや「Galaxy Note10」シリーズに搭載されている「指紋センサー」は「Qualcomm」製の「第3世代指紋センサー」になります。

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の時に初めて採用された「超音波式指紋センサー」ですが、あまりの「認証精度」の悪さからも世界各地でクレームが発生していたことが明らかになっています。この状況下に対して、「Samsung」はアップデートを繰り返し行なっているがいまだ改善されていません。

そして今回の情報によると、「アップデート」によって「指紋認証」を改善する際に、Samsungは「指紋認識率」を向上させると同時に「認識許容範囲」も広げており、この「認識許容範囲」を広げたことが、今回の不具合に繋がっている可能性が高いとしています。

少なくとも「スクリーンプロテクター」なしで使えば、「指紋認識率」も「認識許容範囲」も改善していることからも、ある程度快適に使うことができると判断することができます。ただ多くのユーザーは「スクリーンプロテクター」なしで使う可能性は低い。

またSamsungが推奨している「純正品」は価格も高価であり、さらに購入できる方法も限定されています。だからこそ多くのユーザーは「サードパーティー製スクリーンプロテクター」を使う確率が高くなります。そして「Samsung」の調整不足によって、今回の不具合に。

今回の情報によると、「Galaxy S11」シリーズでも引き続き「超音波式指紋センサー」を搭載する可能性が高いとしています。少なくとも今回のようなバグは今後ないのが前提で、さらに「サードパーティ製スクリーンプロテクター」との相性も改善されることに期待したいところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG