「Google Pixel 4」。「購入したくなる理由」と「購入を躊躇してしまう」理由

日本市場においては、「キャリア」から「SoftBank」から。そして「Google Store」から「SIMフリー」が「10月24日」より発売される「Google Pixel 4」ですが、すでに予約を開始しており、予約特典も判明しています。

詳細は「「SoftBank」キャリア独占販売。「Google Pixel 4」「予約」開始/在庫状況まとめ」をご参照下さい。さて今回発売直前の「Google Pixel 4」シリーズですが「購入したくなる理由」と「購入を躊躇してしまう」理由について簡単にまとめたいと思います。

「購入したくなる」理由。

一応「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」のスペックをまとめると以下のようになります。

Pixel 4Pixel 4 XL
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ5.7インチ6.3インチ
表示解像度2280×10803040×1440
画素密度443ppi534ppi
本体サイズ147.1 x 68.8 x 8.2 mm160.4 x 75.1 x 8.2 mm
重さ162g193g
OSAndroid10
SoCsnapdragon855
RAM6GB
ROM64/128GB
SDカードスロット非対応
メインカメラ12MP+16MP+TOF
インカメラ8MP+TOF
バッテリー2800mAh3700mAh
充電速度18W
ワイヤレス充電対応
防水/防塵IP68

その上でまず「購入したくなる理由」から確認していきたいと思います。

「カラバリ」によって異なる質感。

今年発表された機種を確認すると、様々な「カラバリ」がありますが、基本「色」は違えど「質感」は一緒。ただ「Google Pixel 4」が面白いのは「カラバリ」によって「質感」が異なること。

カラバリ質感
ブラックテカテカに反射し、質感はツルツル
ホワイト反射し、指紋もちょっと目立つが、ブラックほどテカテカではない。
オレンジマットな仕上がりで、ちょっとサラサラした感じに

個人的に購入するとすれば「オレンジ」です。ガラス特有の「テカテカ」感が、安っぽく感じてしまってあまり好きではありません。また「指紋」も目立つので。一方で「オレンジ」はマット仕上げで、ガラス特有の安っぽさも指紋が極端に目立つ印象もなり。

「iPhone 11 Pro」シリーズも「マット仕上げ」となっていますが、個人的にマイナスに感じるのは「サイドフレーム」。「ステンレススチール」で高級感を演出していますが、テカリが強いので、指紋が目立つ。

一方で「Google Pixel 4」は「サイドフレーム」は「マット」仕上げ。だからこそ、「Google Pixel 4」のデザインは隙がないように感じます。

「天体写真」を撮影してみたい。

「カメラ」の進化が大きな特徴の一つである「Google Pixel 4」ですが、特に気になるのは「天体撮影」。最大「4分間」三脚で固定する必要性がありますが、天体を撮影できるのは、夢がありますよね。

今まで「夜景」や「夜空」の撮影を強くアピールしていたのは「Huawei P30 Pro」や「Huawei Mate 30 Pro」ですが、「Google Pixel 4」の天体撮影でどこまで「Huawei」に通用するのか非常に気になります。また「ナイトモード」や「低照度」における撮影も比較してみたいですよね。

それこそ「Huawei」は「ハード」をがっつり強化している一方で、「Google」は「ソフト」をがっつりと強化しています。なので「ハード」と「ソフト」の対決として比較してみたいです。

本体価格がそこまで高くないこと。

そして「本体価格」です。ちなみに「SIMフリーモデル」の価格をまとめると以下のようになります。

64GB128GB
Pixel 48万9980円10万3950円
Pixel4 XL11万6600円12万8700円

本体価格だけをみると、決して「安くはない」と思います。ただ「SIMフリーモデル」として考えると悪くはない。それこそ下期に登場した「iPhone 11 Pro」シリーズや「Huawei Mate 30 Pro」や「Galaxy Note10+」などと比較すると、極端に高いわけではありません。

「Google Store」で予約購入すると、さらにプロモーションコードが「1万6000円分」もらえる。となると、「Google Pixel 4 XL/128GB」でも「11万2000円」程度で購入することができる。この高いとも安いともいえない価格設定だからこそ、余計に購入したくなります。

「購入を躊躇してしまう」理由。

次に「購入を躊躇してしまう」理由を確認したいと思います。日本では関係ありませんが、「アメリカ」などでは「5G」に対応していないこともデメリットの一つになっていることが判明しています。詳細は「「電池持ち」優先。「Google Pixel 4」5G非対応の理由」をご参照下さい。

「ストレージ」が「64GB」のみ。

「購入したい」理由でも触れましたが、自分購入するのであれば、「マット」仕上げとなっている「オレンジ」。ただこの「オレンジ」は限定色となっており、なぜか「128GB」モデルが存在しない。これは「SIMフリー」でも「キャリアモデル」でも一緒です。

さらに「Google Pixel 4」シリーズは「SDカードスロット」にも対応していない。このことを考えると、「ストレージ64GB」ってかなり不安です。また「Googleフォト」も無制限で保存できる特典もない。

せめて「SDカードスロット」に対応していれば問題ないのですが。。。正直「SIMフリー」を購入する人って、バリバリスマホを使う人だと思います。だからこそ、「ストレージ64GB」で足りない人も多いのでないでしょうか。

「電池持ち」がやばそう。

「Google Pixel 4」に関しては、かなり「電池持ち」が悪かった「Google Pixel 3」より「バッテリー」が小型化し、「ディスプレイサイズ」が大型化しています。詳細は「「コスパ」が大幅改善。「Google Pixel 4」「Google Pixel 3」違い「まとめ」」をご参照下さい。

単純に考えれば、「電池持ち」は悪化しますよね。「Google Pixel 3」の「バッテリーテスト」でもかなりやばいのに、「Google Pixel 4」もっとやばいことになるかもしれません。

なぜ「望遠カメラ」を搭載した。

「Google Pixel 3」の時は「シングルレンズカメラ」でしたが、その「ナイトモード」には定評がありました。だからこそ、「Google Pixel 4」でも「ナイトモード」が強化されています。

そして今や「iPhone」や「Xperia」でさえ「超広角レンズ」を搭載している中、「Google Pixel 4」は搭載していません。特に「iPhone 11 Pro」シリーズは「ナイトモード」に対応しましたが、「超広角レンズ」では対応しておらず、さらに「低照度」の撮影も苦手です。

「Google」の高い技術を生かして、「低照度」における「超広角撮影」。これを正直試してみたかった。「Huawei P30 Pro」や「Huawei Mate 30 Pro」が夜に強いと言われる理由の一つは、「低照度」においても「超広角撮影」がしっかりとできるからだと考えられます。

だからこそ、「望遠」より「超広角」を搭載して欲しかったところです。

まとめ

正直執筆時点では、「Google Pixel 4」を購入するか決めていません。ただオンラインショップを確認する限りでは、そこまで待つこともなく手元に届きそうなんですよね。正直今は「Huawei Mate 30 Pro」との比較をしたくて購入したい気持ちの方が強いですが。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG