早くも「品切れ」に。でも「Galaxy Note10+」重大な「セキュリティ」欠陥判明

いよいよ「日本」市場で発売した「Galaxy Note10+」ですが、今年の冬春モデルの中でも、スペック/デザインの高さからも特に注目度が高い機種だと判断することができます。詳細は「「Xperia 5」「Galaxy Note10+」と「予約」開始。。「au」冬春新製品おすすめまとめ」をご参照下さい。

少なくとも「SoftBank」は扱わないことが判明していますが、先日の情報からも、「楽天」から発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「「SoftBank」以外。楽天も「Galaxy Note10+」発売へ」をご参照下さい。

さて今回Forbesによると、「Galaxy S10」や「Galaxy Note10」に「セキュリティ」上の重大な欠陥が判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「ドコモオンラインショップ」では完売。

さて先日より「au」と「ドコモ」から発売になった「Galaxy Note10+」ですが、上記の画像は、執筆時点でのドコモオンラインショップにおける「Galaxy Note10+」の製品ページになります。すでに「完売」していることを確認することができます。

ちなみに「ブラック」に関しても同様に「完売」しています。なので「予約分」で完売したと判断することができます。ちなみに「6月」に発売された「Galaxy S10+」の時は発売直後から、約1ヶ月経過するまで、ほぼ「在庫なし」の状態となっていました。

なので最悪の場合、「Galaxy Note10+」でも同様に在庫状況が不安定な状態が続く可能性があります。「ドコモ」においては冬春モデルの中で「ハイエンドモデル」が3機種しかなく、スペックにおいては「Galaxy Note10+」が圧倒的です。だからこそ余計に人気が集中しているのかもしれません。

「Galaxy S10」と「Galaxy Note10」に重大な欠陥が。

少なくとも「Galaxy Note10+」は今年登場した機種の中でも最高クラスの完成度の高さですが、もちろん「デメリット」もあります。詳細は「「予約/購入」する前に。「Galaxy Note10+」の「デメリット」まとめ」をご参照下さい。特に「指紋認証」です。

そして今回の情報によると、この「指紋認証」に重大な欠陥が判明したとしています。「Galaxy S10」シリーズ。そして「Galaxy Note10」シリーズは、共通の「超音波式インディスプレイ指紋センサー」を搭載していますが、この「指紋センサー」がサードパーティ製のスクリーンプロテクターを装着すると、認証精度が大幅に悪化することが判明。

今回の情報によると、「Galaxy S10」にサードパーティー製の「スクリーンプロテクター」を装着すると、ユーザー以外の第三者の「指紋」でロックが解除することが可能に。つまり誰の「指紋」でもロックが解除できる不具合が発生していることになります。

この不具合に対して「Samsung」は「指紋認証」機能を「オフ」にする。もしくは、「純正スクリーンプロテクター」の使用を推奨しており、早急に問題解決に取り組んでいるとしています。つまり近日中にアップデートが配信され、改善される可能性が高いと判断することができます。

ただ「Galaxy Note10+」は「スクリーンプロテクター」が最初から装着されています。なのでよほどのこだわりがない限り、最初から装着されている「スクリーンプロテクター」から変更しない方がおすすめです。

また実際に使った上で、「指紋認証」の「認証精度」は良くありません。なので、この不具合が解決するまでは「指紋認証」をオフにして、「顔認証」だけでも十分だと判断することができます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG