まさに「デュアルブート」。次期「Huawei」製品。Android/HarmonyOSの両方がインストール可能に?

日本市場で発売される可能性が非常に低い「Huawei Mate 30」シリーズですが、先日の情報からも、「ルーマニア」や「シンガポール」で限定的に発売されることが判明しており、その販売地域は徐々に拡大していると判断することができます。

詳細は「「クイズ」に答えて限定「200名」。「Huawei Mate 30 Pro」シンガポールで発売」と「「ヨーロッパ」初。「Huawei Mate 30」の販売地域が徐々に拡大」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei」は「エンティティリスト」の対抗策として、自社製品に「Android」と「HarmonyOS」の両方をインストールする可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

2つの「OS」をインストールする可能性。

先日の情報からも、「アメリカ」は「Huawei」に対して一部企業との取引を許可する。つまり制裁緩和することが判明しています。詳細は「「Mate 30 Pro」の「Googleアプリ」は?アメリカが「Huawei」に対して一部取引を許可」をご参照下さい。

少なくとも今回の情報によると、「アメリカ」の経済制裁が続く以上、「Googleアプリ」やサービスを使うことができません。そして今回の情報によると、「Huawei」は、今後「Android OS」に加え、独自OSである「HarmonyOS」もインストールする可能性があると報告しています。

また今回の情報によると、中国の「メーカー」の多くが、今後「Android」ではなく「HarmonyOS」の採用を検討していることが判明したとしています。少なくとも「中国国内」で発売されている端末は「Googleアプリ」が無効化されています。

このことを考えると、「Android」の搭載に固執する必要性がないのかもしれません。また2つのOSをインストールしておくことで、発売地域によって、「OS」が切り替えることが可能になると判断することができます。

何より、中華系のメーカーがこぞって「Android」の採用をやめ「HarmonyOS」に切り替えた場合、「Google」にとっても大きな痛手になってしまうのかもしれません。今後の動向に要注目です。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG