「電池持ち」優先。「Google Pixel 4」5G非対応の理由

先日に正式発表された、「Google Pixel 4」シリーズ。「Google Pixel 3」シリーズとの「違い」については「「コスパ」が大幅改善。「Google Pixel 4」「Google Pixel 3」違い「まとめ」」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google」は「5G対応機種」の試験生産を開始していることからも、先日のイベントで正式発表される可能性が高いと予測されていました。詳細は「「Google Pixel 4」だけじゃない?「10月15日」に5G対応「Google Pixel」発表の可能性。」をご参照下さい。

さて今回PCMagによると、「Google Pixel 4」が「5G」に対応しなかった理由が判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「5G」に対応しなかった理由。

少なくとも、「アメリカ」市場においては、「5G」対応地域が拡大しており、「Galaxy Note10+/5G」が大ヒットになっていることが判明しています。さて今回の情報によると、GoogleのBrian Rakowski氏は「5Gは消費者のための準備ができていない」と「Google Pixel 4」シリーズが「5G」非対応であることを明らかにしています。

つまり「Google」は「適切なタイミング」ではないと判断していると考えることができます。また同氏によると、「実装」と「カバレッジ」の面からも、すべてのユーザーが恩恵を受けるわけではない。5Gはより多くのエネルギーを消費するだけで未熟なターミナルだとしています。

つまり「Google Pixel 4」シリーズが「5G」に対応しなかった理由は大きく2つ。

「5G」に対応しなかった理由
「5G」環境の整備が不十分ではない。
「電池持ち」を悪化させる可能性が高い。

グローバル市場においても、「5G」を開始している地域は複数ありますが、「開始」しているだけであって、まだ十分に恩恵を受けることができません。さらに「5G」対応機種は、環境整備が不十分であることからも、「顧客満足度」が低いことも判明しています。

機種変更サイクルが長期化していることからも、先を見越して「5G」対応機種を購入するユーザーは一定数いますが、メーカー含め、そこまで「5G」にまだ前向きではないと考えることができます。

何より「5G対応機種」に注力しても、環境が整わないと「メーカー」として意味がないので。一部情報では、来年の5月のイベントに「Android R」と同時に「5G」対応機種が正式発表される可能性が高いと予測されています。日本でもその頃には「5G」が開始しているので、ぜひ発売して欲しいところです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG