「日本」は発売されるだけマシ。「Google Pixel 4」インドで発売されない理由

いよいよ先日に正式発表された「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」。詳細は「正式発表。「Google Pixel 4」「Google Pixel 4 XL」価格/スペックまとめ」をご参照下さい。ただリーク情報がありすぎたこともあり、特段の驚きはありませんでした。

とはいえ、前モデルである「Google Pixel 3」シリーズと比較すると、「スペック」に「ソフト」と大幅に強化されており、さらに一部モデルは価格が値下げされていることからも、「コスパ」が大幅に改善しています。

詳細は「「コスパ」が大幅改善。「Google Pixel 4」「Google Pixel 3」違い「まとめ」」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「Google Pixel 4」シリーズが「インド」で発売されない理由が判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「インド」で発売されない理由。

さて今回の情報によると、「インド」で「Google Pixel 4」シリーズが発売されない理由として、「Motion Sense」に採用されている「60GHz帯ミリ波」を使用する「ソリレーダー」の認可が下りなかったことが要因だとしています。現に「Google」は以下のようにコメントしています。

Google has a wide range of products that we make available in different regions around the world.  It further says it determine availability based on a variety of factors, including local trends, and product features. We decided not to make Pixel 4 available in India. We remain committed to our current Pixel phones and look forward to bringing future Pixel devices to India.

インド市場の動向や製品の機能など様々な要因に基づいて「インド」市場で「Google Pixel 4」シリーズの発売をしないことを決定したとしています。ちなみに事前情報通り、日本市場でも同じく「ソリレーダー」の認可が下りていないことが判明しています。

ただ「Google」のサポートページを確認する限り、「2020年春頃」に使うことが可能になるとしています。つまり「申請」はしているが、許可が下りるのが「発売」までに間に合わなかったと判断することができます。

昨年の「Google Pixel 3」シリーズのプロモーション。さらに「SIMフリー」の直販。また「Felica」対応などを考えると、「Google」は日本市場をかなり重要視していると判断することができます。

一方で「インド」市場においては、そこまで重要視されていません。このことを考えると、仮に「Google」にとって「日本」市場の優先度が低かった場合、最悪「Google Pixel 4」シリーズが発売されなかった可能性もあると考えることができます。

となると、発売当初は「Motion Sense」が使えなくても、発売されるだけありがたいと考えるべきかもしれません。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG