「Huawei Mate X」と競合へ。「Galaxy Fold」中国で「11月1日」より発売

日本国内では「au」独占販売となる「Galaxy Fold」ですが、すでに購入方法が限定されていることも判明していますが、先日の情報からも、その「入荷数」はかなり制限されている可能性が高いと予測されています。詳細は「「au」版も予約必須か。「Galaxy Fold」市場ごとの初回入荷数は「2000台」程度」をご参照下さい。

一方で、かなり注目度が高い「Galaxy Fold」ですが、先日iFixitが公開した分解レポートにおいて、改善はされているものの依然として「脆弱」であると評価していることが判明しています。詳細は「「改善」しても。結局「Galaxy Fold」は依然「脆弱」」をご参照下さい。

さて今回SamMobileによると、「Galaxy Fold」はさらに発売地域が拡大し、さらに「中国」での発売により「Huawei Mate X」と競合する形になると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「11月1日」より「中国」で発売へ。

さて今回の情報によると、Samsungは「10月下旬」に「ポーランド/メキシコ/スイス」そして「日本」で「Galaxy Fold」を発売することが判明したとしています。9月上旬より「韓国」で発売されましたが、順調にその発売地域を拡大していると判断することができます。

一方で先日の情報からも「10月下旬」より「中国」で「Huawei Mate X」が発売されることが判明しています。詳細は「「11月6日」出荷開始。「Huawei Mate X」がついに「GearBest」で発売へ」をご参照下さい。

そして「Galaxy Fold」は中国市場で「11月1日」に発売されることからも、直接競合すると判断することができます。先日の情報からも「Huawei Mate X」は「中国市場」では「14万円」程度になると予測されていることからも、価格面では「Galaxy Fold」はかなり不利かもしれません。

少なくともSamsungは「Galaxy Fold」は「数量限定」にすることで、販売台数を順調に伸ばしていると予測されています。詳細は「「数量限定」だからこそ。「Galaxy Fold」世界各地で「即完売」相次ぐ」をご参照下さい。

このまま発売地域が今後拡大するのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG