次期Xperia(2020)や「Galaxy S11」など。「MWC2020」直後にドコモから正式発表か

先日には、「ドコモ」が冬春新製品発表会を開催し、「Xperia 5」や「Galaxy Note10+」など合計「9機種」を正式に発表しました。詳細は「「11月1日」発売。価格「8万7000円」。ドコモが「Xperia 5」正式発表」をご参照下さい。

一方で話題は早くも「2020年」に移行しており、先日の情報からも、次期「Xperia」は「snapdragon865」を搭載している可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「Xperia」(2020)搭載。「snapdragon865」は「A13 Bionic」に及ばず」をご参照下さい。

さて今回ITmedia Mobileによると、DoCoMoは来年の春頃「新製品」を改めて発表する可能性が高いことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「3月」に正式発表する可能性。

さて今回の情報によると、ITmedia Mobileが「ドコモ」の吉澤社長へ行ったインタビューにおいて、同氏は以下のような発言をしています。

来年(2020年)春に向け、われわれ自身も5Gに軸足を移していく。端末はサービス開始前に改めて発表したい。

先日開催されたイベントにおいて発表された新製品に関しては「冬春モデル」であることに違いはありませんが、「5G」に対応した製品は「春モデル」として別途発表する可能性が高いと判断することができます。

ちなみに各社の「5G」サービスの開始時期をまとめると以下のようになります。

キャリア開始時期
ドコモ2020年春頃
au2020年3月
SoftBank
楽天2020年6月

「au」と「SoftBank」が「3月」に開始する予定であることからも、「DoCoMo」も「3月」に開始する可能性が高いと判断することができます。また今回の発言からも「春ごろ」としていることから、少なくとも発表のタイミングは「初夏」になる「5月」ではない。

またサービス開始時期が「3月」になる可能性が高いということからも、「3月中」には対応機種を正式発表する可能性が高いと判断することができます。となると「MWC2020」で正式発表された機種を、すぐにキャリアモデルとして正式発表する可能性が高いと考えることができます。

特に有力になるのは、「Xperia 1」の後継機種。そして「Galaxy S11」「Galaxy S11+」あたりだと判断することができます。過去の流れをみると、「Xperia」は「3月中旬」以降。「Galaxy」は「3月上旬」に発売されていることからも、ありえない話ではありません。

ちなみに先日の情報からも、「ドコモ」は「Huawei」の「5G」対応機種は扱うことはないことが判明しています。詳細は「悲報。5G対応Huawei Mate 30 Pro/P40 Pro DoCoMoから発売されず。」をご参照下さい。

「2020年」に限っては、「グローバル市場」と遜色ないタイミングで最新機種が発売になりそうですよね。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG