「au」版も予約必須か。「Galaxy Fold」市場ごとの初回入荷数は「2000台」程度

先日には「au」独占モデルとして、「Galaxy Fold」が正式発表されました。さらに「Galaxy Note10+」と「Galaxy A20」が合わせて発表されていることからも、合計で「3モデル」扱うことになります。詳細は「「Galaxy Note10」発表ならず。au「Galaxy Fold」「Galaxy Note10+」正式発表」をご参照下さい。

一方で「Galaxy Fold」の本体価格も約「24万円」であることが判明しており、少なくとも「SIMフリー」を購入するよりはかなり安いことが判明しています。詳細は「Xperia 5/Galaxy Note10+と。キャリア/SIMフリー「違い」「どちらを購入すべき」まとめ」をご参照下さい。

さて今回SamMobileによると、「Galaxy Fold」は市場ごとの初回入荷数は「2000台」程度であると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

初回入荷数はかなり限定的。

先日の情報からも、「Galaxy Fold」は世界各地で「完売」が相次いでいることが判明しており、その一つの要因として、Samsungが「初回入荷数」を限定していることが影響している可能性が高いと予測されています。

さて今回の情報によると、「南アフリカ」において発売された「Galaxy Fold」ですが、案の定「即完売」したことが判明したとしています。少なくともSamsungは「需要に追いつくために在庫レベルの改善を図っているとしていますが、次回入荷予定日は、入荷予定数は判然としないとしています。

同サイトによれば、「南アフリカ」での「即完売」も他の地域と同じく、「初回入荷数」をかなり限定していることに起因している可能性が高く、多くの市場における初回入荷数は「2000台」程度である可能性が高いとしています。

事前情報において、「韓国」国内の初回入荷数が「4000台」と聞いた時に、かなり「入荷数」が少ないと思いましたが、実際のところは、他の市場と比較して「2倍」の入荷数となっており、かなり入荷が多かったと判断することができます。

少なくとも今回の情報を元に考えれば、「10月25日」から発売される「au」版「Galaxy Fold」も入荷数がかなり限定されている可能性が高いと判断することができます。また一部情報では、Samsungは、市場ごとの予約数を考慮した上で、供給量を決定している可能性が高いと予測されていることからも、予約なしでの購入は難しいのかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG