「Huawei」が失墜に。「2019年第4四半期」でAppleがシェア「2位」に返り咲きへ

先日の情報からも、「中国」で発売された「Huawei Mate 30」シリーズは、販売開始僅か「3時間」で「100万台」以上の売上記録を達成するなど、驚異的な売れ行きであることが判明しています。詳細は「3時間で「100万台」販売。「Huawei Mate 30」すでに供給不足。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Googleアプリ」は非搭載の状態となっていますが、「ルーマニア」に「マレーシア」とその販売地域が徐々に拡大していることが判明しています。詳細は「「ヨーロッパ」初。「Huawei Mate 30」の販売地域が徐々に拡大」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、「Huawei」は「2019年第4四半期」で市場シェアを「Apple」に抜かされる可能性が高いことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Apple」が返り咲く可能性。

コスパが大幅に改善した「iPhone 11」が「中国」や「インド」で爆発的なヒットになっていることが判明しており、「iPhone 11」シリーズの売上を大きく牽引していることが判明しています。

さて今回の情報によると、DigTimesは「2019年第4四半期」において、Appleは市場シェア2位に返り咲く可能性が高いと予測していることが判明したとしています。返り咲く大きな要因としては、「iPhone 11」シリーズへの大きな需要。

そして「Huawei」へのエンティティリストへの追加の影響によるものだとしています。少なくとも「Huawei」は上期において、エンティティリストに追加された状態でも1億台近く出荷していることが判明していますが、この勢いは「第3四半期」そして「第4四半期」では維持できない可能性が高いとしています。

それこそ、最新機種である「Huawei Mate 30」シリーズが発売された「第3四半期」はまずまずの出荷台数を記録するかもしれませんが、あくまでもその売上の大半は「中国」国内によるものです。

つまり「中国」国内でのニーズが落ち着いてしまうと必然的に出荷台数も減少します。やはり「グローバル」市場。特に「ヨーロッパ」で売上を拡大できないのは非常に痛いと判断することができます。

このまま「エンティティリスト」の影響が続くのであれば、好調な「Apple」に「Huawei」は抜かされると考えることができます。ただ逆に「エンティティリスト」から解除された場合、「Huawei」の勢いはすごいことになりそうですけどね。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG