「Google Pixel 4」に「Xperia 1」と。「Netflix」の「HDR10」サポートデバイスに認定

いよいよ発売された「Xperia 5」ですが、「Etoren」や「Expansys」においては、「Xperia 5」より「Xperia 1」の方が販売価格が安く、「Xperia 1」の方がコスパに優れていることが判明しています。詳細は「「Xperia 5」が発売されたからこそ。「Xperia 1」の方がコスパがいい。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」は万人受けしないことからも、2019年で登場する機種の中で最も「過小評価」された機種になる可能性が高いと予測されています。詳細は「努力を惜しまない「マニア」向け。「Xperia 1」は2019年最も「過小評価」された機種に」をご参照下さい。

さて今回XDAによると、「Netflix」は「Google Pixel 4」や「Xperia 1」など、一部Android機種に対して、「HD」もしく「HDR10」再生可能と認定したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

一部対象機種が新たに認定。

さて今回の情報によると、「Netflix」が、「HD」もしくは「HDR10」のサポート機種のリストを更新していることが判明したとしています。まず「HD」再生の新たにサポート対象として追加された機種は以下のようになります。

  1. Amazon Fire HD 8 (2017)
  2. Amazon Fire HD 8(2018)
  3. Amazon Fire HD 10 (2017)
  4. Amazon Fire HD 10(2019)
  5. Asus MeMO Pad 7
  6. Huawei Honor Tablet 5 (AL00HN)
  7. Lenovo Yoga Tab 3
  8. Samsung Galaxy Feel (SC-04J)
  9. Samsung Galaxy Fold
  10. Samsung Galaxy Tab S6
  11. Samsung Tab Active 2

そして次に「HDR10」の新たなサポート対象として追加された機種は以下のようになります。

  1. Asus ROG Phone II
  2. Google Pixel 3
  3. Google Pixel 3 XL
  4. Google Pixel 4
  5. Google Pixel 4 XL
  6. LG G6
  7. Samsung Galaxy Note10
  8. Samsung Galaxy Tab S6
  9. Sony Xperia 1
  10. Xiaomi Mi 9T
  11. Xiaomi Mi 9T Pro
  12. Xiaomi Redmi K20
  13. Xiaomi Redmi K20 Pro

面白いのは、まだ未発表機種である「Google Pixel 4」シリーズがすでに追加されていること。ただスペックを考えれば当たり前かもしれません。ただ残念なことに今回のリストには発売されたばかりの「Xperia 5」は含まれていないことです。SONYは「Xperia 1」を正式発表した際、その「アスペクト比21:9」を最大限活かせるのは「Netflix」だとしています。

だからこそて、「Xperia 5」も迅速に認定して欲しいところです。実際に対応していたとしても、やはり認定していないとなると気分的に違うので。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG