「改善」しても。結局「Galaxy Fold」は依然「脆弱」

事前情報では、発売地域はかなり限定されると予測されていた「Galaxy Fold」ですが、韓国をはじめ、発売地域で、Samsungの予測を上回る反響があったことからも、生産台数の増加。さらに発売地域も徐々に拡大していることが判明しています。

詳細は「本体価格「34万円」。「Galaxy Fold」ヨーロッパでも即時完売に。」をご参照下さい。ただ供給状態が非常に不安定であることに違いはなく、日本ではお馴染みのサイトである「Etoren」において、かなり高価ですが「34万円」で販売されていることを確認することができます。

さて今回9To5Googleによると、iFixitが「Galaxy Fold」が分解レポートを公開しており、依然として「脆弱」だと評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Galaxy Fold」の分解レポートが公開。

さて今回の情報によると、Samsungが公表した通り、「Galaxy Fold」の改善点をしっかりと確認することができるとしており、例えばヒンジ部分は新しい保護機能が追加されており、ゴミや埃によって破損を防ぐように改善されているとしています。

またディスプレイ部分はかなり強化されており、新たにディスプレイ下に追加された「金属層」はかなり硬いと、その耐久性を評価しています。ただSamsungとしては「ディスプレイ」が破損することを防ぐため、あくまでも「軽いタッチ」を推奨しています。

そして、ディスプレイを所定の位置に保つため。そして剥がれることを防ぐために、「接着剤」で固定されているとしています。ただこの「接着剤」は時間の経過によって劣化する可能性が高く、いれずディスプレイ部分が緩む可能性があるとしています。

少なくとも同サイトによれば、改善点をしっかり確認することができるが、「Galaxy Fold」は依然として「脆弱」だとしており、一般的なスマートフォンと比較すれば非常に壊れやすいとしています。

先日公開された耐久テストにおいても目標の「20万回」に届くことなく破損しています。詳細は「ガチ耐久テスト。「Galaxy Fold」は「12万回」の折り畳みで「故障」」をご参照下さい。

一般的なスマートフォンが全く壊れないということはないですが、やはり「Galaxy Fold」の本体価格を考えると、本当に故障せず「3〜4年」使えるのかちょっと不安ですよね。一応「au」から予約が開始しています。購入先が限定されていることからも、「auオンラインショップ」が一番便利かも。

気になる人はぜひチェックしてみてください。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG