僅か「3万円」で購入可能。「Xperia 8」Y!mobileオンラインストア購入なら「コスパ」よし

事前情報では、日本市場限定かつ「ミドルレンジモデル」になると予測されていた「Xperia 20」が「Y!mobile」から「Xperia 8」として正式に発表されました。詳細は「「Xperia 10」と比較。「Xperia 20」こと「Xperia 8」正式発表」をご参照下さい。

また先日の情報からも、3大キャリアの中では唯一「au」のみが「Xperia 8」を扱う可能性が高いことが判明しています。詳細は「「DoCoMo」から発売されず。「Xperia 8」はキャリア唯一「au」から発売へ」をご参照下さい。

いよいよ予約が開始した「Xperia 8」ですが、「Y!mobileオンイランストア」で購入すれば、僅か「3万円」になることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

僅か「3万円」ちょっとで購入可能に。

さていよいよ「10月9日」より「Y!mobile」において「Xperia 8」の予約が開始しました。ただ今回予約が開始した「MNP」以外になります。また執筆時点では、発売日は判然とせず「10月下旬」のままです。

興味深いの「本体価格」です。「Y!mobileオンラインストア」で購入すれば、さらに「割引」が適用に。執筆時点での価格をまとめると以下のようになります。

Xperia 8一括価格毎月の支払い
新規3万5784円994円X36回
MNP5万4000円1500円X36回
機種変更4万6872円1302円X36回

「MNP」に関しては、「10月18日」からの予約開始のためか、定価の「5万4000円」のままとなっています。ただ上記の画像からも、「新規」と「MNP」は同じ価格になるはずなので、本体価格「3万5784円」で購入することが可能であると判断することができます。

正直定価では、あまりにも「コスパ」が悪すぎますが、「3万円代」であれば、SIMフリーの「Xperia 10」よりちょっと高いくらいなので、「コスパ」がいいと判断することができます。ちなみに「Xperia Ace」との比較は「「コスパ」重視でどちらを購入するべきか。「Xperia Ace」「Xperia 8」比較」をご参照下さい。

購入特典もあり。

また「購入特典」もあります。対象期間以内に「Xperia Lounge Japanアプリ」よりキャンペーンページで応募することで、「PayPay」で1000円相当のボーナスがプレゼントされます。

また2つ目の購入特典もあり、抽選で「8888名」にSONY製のイヤホンをがもらえるキャンペーンに応募することができます。アタリが上記の画像から確認できるように「1等」から「4等」まであります。

抽選結果によっては「ハズレ」があるみたいなので、どれも当たらない可能性も考えられますが。仮に「WH-1000XM3」が当たれば、「Xperia 8」の本体価格をほぼペイできるくらいです。ちなみに応募方法は、「Xperia Lounge Japanアプリ」で申し込みになります。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

ドコモはこちらでauはこちらで
ソフトバンクはこちらでY!mobileはこちらで
最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG