「Google Pixel 4」。新「Google Assistant」を4ヶ国限定で対応になる可能性

「10月15日」の正式発表を前に、数々のリーク情報が判明している「Google Pixel 4」シリーズですが、先日には「公式スペックシート」に加え、新色「Oh So  Orange」の公式プレス画像もリークしています。詳細は「「Google Pixel 4」新色「Oh So Orange」公式プレス画像判明。さらにスペックシートも。」をご参照下さい。

さらに先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズで対応する新機能も続々とリークしており、二重露出コントロール機能など、「カメラ」機能により多くの新機能が追加されることが判明しています。詳細は「「リーク」が止まらない。「Google Pixel 4」の「カメラ」新機能続々判明」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、「Google Pixel 4」シリーズで対応するとされている新「Google assistant」は地域限定で対応する可能性が高いことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

地域限定で対応する可能性。

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズでは、「Active Edge」に対応していることからも、本体を握ることで「Google Assistant」を起動することが可能となっており、さらに以前よりシームレスな会話が可能になっていることが判明しています。

今年5月に正式発表された新「Google Assistant」は今年登場する次期「Google Pixel」シリーズで対応することが明らかになっていすが、今回の情報によると、対応する地域は限定される可能性が高いとしています。

ちなみに対応する地域は「アメリカ」に加え、カナダ/イギリス/シンガポールの4ヶ国になる可能性が高いとしています。全て「英語」が共通語の地域になります。ちなみに今回の情報は、カナダ/イギリス/シンガポールで新「Google Assistant」」が近日中に公開されることが判明したことから分かったとしています。

同サイトによれば、Googleは言語の複雑さとローカルごとの違いを考慮して、限定的に公開していく可能性が高いとしています。またこの新「Google Assistant」は先日の「レーダー」を使用する「ジェスチャー」操作と同様に、地域ごとの許可が必要になる可能性が高いとしています。

先日の情報からも、日本市場では「ジェスチャー操作」の認可が降りていないことが判明しており、さらに「Google Assistant」が日本語に対応することが遅かったことを考えると、実際に新「Google Assistant」」が対応するのはだいぶ先の話になりそうです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG