「ヨーロッパ」初。「Huawei Mate 30」の販売地域が徐々に拡大

日本での発売は判然としない状況にある「Huawei Mate 30 Pro」ですが、先日の情報からも、「カメラ」が「DxOMark」において世界「1位」を獲得。そしてバッテリーテストにおいてもかなり優秀なスコアを残していることが判明しています。

詳細は「世界最高「121」DxOMarkにおいて「Huawei Mate 30 Pro」スコア公開。」と「「iPhone 11 Pro Max」超えた。「Huawei Mate 30 Pro」は最高クラスの「電池持ち」実現。」をご参照下さい。

また今までは「中国」のみでの発売となっていましたが、先日の情報からも「マレーシア」で発売されることが判明しています。詳細は「「中国」以外で初。「Huawei Mate 30」がマレーシアで「10月22日」発売」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei Mate 30」シリーズが、ヨーロッパで初となる「ルーマニア」で発売されることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「ヨーロッパ」初の発売に。

さて今回の情報によると、「Huawei」は「Huawei Mate 30」と「Huawei Mate 30 Pro」を「ルーマニア」で発売することが判明したとしています。ちなみにラインナップをまとめると以下のようになります。

機種名容量構成
Huawei Mate 30RAM6GB/ROM128GB
RAM8GB/ROM128GB
Huawei Mate 30 ProRAM8GB/ROM128GB
RAM8GB/ROM256GB

カラバリに関しては、各容量「2色」ずつとなっています。また「マレーシア」と同じく、先行予約キャンペーンを行うとしており、キャンペーン期間中に購入すると最大「3万円」程度の購入特典を入手することができます。

そして「マレーシア」の時と大きく異なるのは、過去に「Huawei Mate」シリーズを2台以上所有していたことを証明する必要性がないこと。つまり多くのユーザーがこのキャンペーンを利用することが可能になっています。

ただ注意しなければならないのは、「Googleアプリ」をインストールできないこと。先日の情報からも「LZ Play」が無効化された今、「Googleアプリ」をインストールする方法がありません。詳細は「ついに「無効化」。「Huawei Mate 30」に「Googleアプリ」インストール不可。」をご参照下さい。

とはいえ「Googleアプリ」の代替となるアプリはある程度「Appgallery」に用意されていることを考えると、サブ機としてはおすすめかもしれません。今後もその発売地域が拡大していくことを期待したいところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG