リーク三昧なのでGoogle Pixel 4/Pixel 4 XLのスペックをまとめなおしてみた。

先日にはGoogleが10月15日にイベントを開催することを正式に発表し、Google Pixel 4とGoogle Pixel 4 XLが正式発表されると予測されています。詳細は「10月15日で確定。Google Pixel 4/Pixel 4 XLが正式発表へ。」をご参照下さい。

さらにアメリカのニューヨークタイムズのデジタル広告からも、以前より噂されていた新色であるサンゴの存在が明らかになっています。詳細は「新色サンゴに注目。Google Pixel 4の巨大広告で確認。」をご参照下さい。

さて今回は、最近立て続けにリークしているGoogle Pixel 4とGoogle Pixel 4 XLのスペックを可能な限り詳細にまとめたいと思います。

スペックとまとめてみる。

すでにCADを元に作成されたレンダリング画像がリークしており、また実機画像までリークしているGoogle Pixel 4シリーズですが、昨年のGoogle Pixel 3シリーズ以上にリーク情報が多いように感じます。なので今回改めてスペックをまとめ直したいと思います。

 

デザインを確認しよう。

Google Pixel 3 XLではノッチを採用していましたが、Google Pixel 4シリーズは共通してベゼルを採用しています。デザイン上の大きな特徴は何と言っても、背面に搭載されたトリプルンレンズカメラです。またリークしている実機画像を確認する限りでは、従来の特徴でもある2トーンカラーを採用したカラバリは存在せず、ブラック/ホワイト/サンゴの3色展開となっています。

Pixel 4Pixel 4 XL
本体サイズ147 x 68.9 x 8.2 mm160.4 x 75.2 x 8.2 mm
重さ
カラバリブラック/ホワイト/サンゴ

残念なことに重さは判然としない状況にあります。ただ本体サイズは判明しており、従来のPixelシリーズのように大きさがしっかりと区別されています。

 

ディスプレイを確認しよう。

次にディスプレイをまとめてみると以下のようになります。

Pixel 4Pixel 4 XL
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ5.7インチ6.2インチ
表示解像度2280×10803040×1440
画素密度443ppi543ppi
リフレッシュレート90Hz

以前は、無印モデルのみが液晶を採用していましたが、Pixel 4シリーズでは共通して有機ELディスプレイを採用していると予測されています。表示解像度はFHDに2Kとお決まりのパターンとなっています。

そして大きな進化と言えば、リフレッシュレートが90Hzに対応する可能性が高いことです。GoogleがAndroidをより最適化させることで、同じく90Hzに対応している機種よりも、より滑らかの表示になるかもしれません。現にGalaxy Note10+は90Hzのリフレッシュレートに対応していますが、UIが調整しきれていないので、よくがたつきます。

さらにiPhoneでいうTure Toneと同様の機能であるAmbient EQと呼ばれる、周囲の環境に合わせてディスプレイの色温度を調節する機能も搭載されています。

基礎スペックを確認しよう。

では次に基礎スペックをまとめたいと思います。

Pixel 4Pixel 4 XL
OSAndroid10.0
SoCsnapdragon855
RAM6GB6/8GB
UFS2.1
ROM64/128GB
バッテリーサイズ2800mAh3700mAh
ワイヤレス充電対応
防水/防塵IP68
生体認証顔(3D)/指紋(ディスプレイ)?顔(3D)/指紋(ディスプレイ)

事前情報においては、snapdragon855+が搭載されると予測されていましたが、リークした実機画像を確認する限りでは、snapdragon855となっています。現時点で判明してい限りだと、snapdragon855+を搭載しているのは、Xiaomiなど本当僅かな機種しか採用していません。

RAMに関しては、ベースで6GB。またGoogle Pixel 4 XLに関しては、5Gモデルが存在している可能性が高く、この5GモデルのみRAM8GBだと予測されています。大型バッテリーを搭載していますが、トレンドのリバースワイヤレス充電には非対応。あとSDカードにも非対応です。

そして何より、Google Pixel 4シリーズはフロント部分にかなりのセンサーを搭載していることが判明しています。少なくとも3D顔認証に搭載している可能性が高く、さらにセキュリティの面でもかなり強化されていると予測されています。

また先日発表されたHuawei Mate 30 Proも対応していますが、画期的なジェスチャー操作に対応すると予測されています。詳細は「Google Pixel 4/Google Pixel 4 XLは画期的な顔認証にジェスチャー操作に対応へ。」をご参照下さい。

ジェスチャー操作がどの程度の範囲までカバーしているのか判然としません。だからこそかなり期待してしまいます。

また光学式インディスプレイ指紋センサーも合わせて搭載されていると予測されていますが、かなり強固な3D顔認証を搭載していることを考えると、顔認証を優先的に使った方が良さそうですよね。

 

カメラを確認してみよう。

次にカメラのスペックをまとめると以下のようになります。

カメラPixel 4Pixel 4 XL
メインカメラ12MP(F1.8)
16MP
TOF
インカメラ8MP(F2.0)
TOF(0.3MP)

カメラに関しては共通化されている可能性が高い一方で、まだ詳細は判然としない状況にあります。ただ16MPの望遠レンズを新たに搭載することで、ズーム機能が強化されている可能性が高いと予測されています。

詳細は「ちょっと物足りなさも。Google Pixel 4はRAM6GBに対応だけどカメラは最大8倍ズームに。」をご参照下さい。またメインのカメラセンサーに関しては、Google Pixel 3シリーズと同じセンサーが採用されると予測されています。

詳細は「Pixel 4のカメラ。Pixel 3からセンサーは進化なし。」をご参照下さい。そしてAR機能を特化させるためなのか、ジェスチャー操作にために必要なのか、TOFセンサーを2つ搭載しています。

Google Pixel 3シリーズまでは、ソフトの力で最高レベルの仕上がりとなっていましたが、ハードでは物足りない印象でした。しかしGoogle Pixel 4シリーズではトリプルンレズカメラにデュアルレンズフロントカメラと大幅に強化されています。

現時点では超広角レンズを搭載しないと予測されていますが、DxOMarkにおいて、どれだけ高評価を獲得できるのか非常に楽しみです。

11月上旬までには発売開始。

日本国内でもDoCoMoとSoftBankから。そしてSIMフリーモデルが直販されると期待されており、スペックを確認する限りでは、Google Pixel 3シリーズより大幅にスペックが強化されていることを確認することができます。

あと問題なのは本体価格です。一部情報によると、現行のGoogle Pixel 3シリーズから1万円いなかない程度で高くなると予測されており、いくらスペックが強化されたとしてもやはりコスパがいい機種になるとは正直思えません。

実機動画はぜひ以下をご覧ください。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG