9月中に発売開始。Huawei Mate30/Huawei Mate30 Pro スペック違い。

Huaweiが下期大注目となるHuawei Mate30シリーズを正式に発表しました。今回は、Huawei Mate30とHuawei Mate30 Proのスペックとその違いを簡単にまとめたいと思います。

Huawei Mate30/Mate30 Proスペック比較。

Huaweiが9月19日に開催したイベントにおいて、Huawei Mate30/Huawei Mate30 Pro/Huawei Mate30 RSを正式に発表しました。

その上で標準モデルであるHuawei Mate30と最上位モデルであるHuawei Mate30 Proのスペックを比較していきたいと思います。

デザインを比較。

まずデザインから確認したいと思います。背面に関しては、共通のデザインを採用していますが、フロント部分においては、まずノッチ部分のデザインが異なります。

Huawei Mate30は比較的小型のノッチを採用している一方でHuawei Mate30 Proは大型のノッチを採用しています。

またHuawei Mate30はフラットディスプレイを採用していますが、Huawei Mate30 ProはEdgeスタイルを採用しています。

デザインMate30Mate30 Pro
本体サイズ160.8×76.1×8.4mm158×73.1×8.8mm
重さ196g198g
カラバリ6色6色
生体認証指紋/顔(2D)指紋/顔(3D)

カラバリは共通の4色展開に。またVegan Leatherと革をを採用した高級モデルもラインナップされています。

本体サイズを比較してみると、Huawei Mate30の方が僅かに大きいです。今思えば、昨年発売されたHuawei Mate20とHuawei Mate20 ProでもHuawei Mate20の方が大きかったですよね。

ディスプレイを比較

次にディスプレイを比較すると以下のようになります。

ディスプレイMate30Mate30 Pro
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.62インチ6.53インチ
表示解像度2340X1080(FHD)2400×1176(FHD+)

同じく有機ELディスプレイを採用しており、ノッチがHuawei Mate30 Proの方が大きいことからも、その分ディスプレイサイズも僅かに小さいです。

表示解像度に関しては僅かにHuawei Mate30 Proの方が低いです。ただアメリカの映画撮影に使われるカラーフィルムの色域に対応し、より広範囲の色域を表現することが可能なDCI-P3が採用されています。

さらにHuawei Mate30 Proは・Horizon Displayを採用した、サイドベゼルの半分程度までディスプレイとなっています。より拡大したEdge部分は、ジェスチャー操作をすることが可能になっており、廃止された音量ボタンの役割も担っています。

基礎スペックを比較。

次に基礎スペックを比較すると以下のようになります。

Mate30Mate30 Pro
OSAndroid10.0
SoCKirin990
RAM6/8GB8GB
ROM128GB128/256GB
バッテリー4200mAh4500mAh
充電速度最大40W
ワイヤレス充電対応
リバースワイヤレス充電対応
充電速度最大27W
防水/防塵IP53IP68
スピーカーscreen surround 

基礎スペックに関しては共通の部分が多く、Android10.0にKirin990と最新のOSにSoCを搭載しています。先日の情報通り、Huawei独自OSであるHarmony OSは搭載されませんでしたね。

前モデルであるHuawei Mate20/Huawei Mate20 Proと比較するとバッテリーサイズは僅かに微増。とはいっても、本体サイズを考えると、このバッテリーサイズが限界かと。

ワイヤレス充電の充電速度が改善されており、さらにリバースワイヤレス充電の充電速度も従来の3倍になったことが判明しています。

少なくともHuawei Mate20 Proのリバースワイヤレス充電速度が5W程度であることが判明しているので、おそらく15W程度であると判断することができます。

防水性能に関しては、Huawei Mate30 ProのみがIP68に対応しています。また新技術であるscreen surround技術を採用していることからも、ディスプレイ自体がスピーカーの役割を果たすことになります。

Huawei Mate20 Proの時みたく、USB-Cポートの奥にあるという正直訳が分からない仕様じゃなくてよかったです。

カメラを比較。

次に本命でもあるカメラを比較すると以下のようになります。

カメラMate30Mateo30 Pro
メインカメラ16MP+40MP+8MP40MP+40MP+8MP+TOF
インカメラ24MP32MP
光学ズーム3倍
ハイブリットズーム5倍
デジタルズーム30倍
ISO20万480040万9600

デザイン上ではほぼ同じに見えますが、やはりカメラセンサーには大きな差があります。ただ共通してSuperSensing Cameraを搭載しており、低照度の撮影に特化しています。この辺は、上期に発表されたHuawei P30シリーズと同じ特徴になっています。

Huawei P30 Proは望遠機能が大幅に強化されていたのに対して、Huawei Mate30 Proは、40MP(超広角/動画/F1.8)+40MP(広角/F1.6)+8MP(望遠/F2.4)と広角機能に特化した仕様となっています。

ただちょっと残念なのが、Galaxy Note10+やXperia 1のように、超広角レンズに光学式手ブレ補正が対応していないことです。

またビデオ機能が大幅に強化されており、4K60fpsの撮影に対応し、さらにボケの撮影がビデオでも行えるになっています。

また驚きなのが、スローモーション撮影です。Xperia 1が960fps/FHDの撮影に対応していますが、Huawei Mate30 Proは7680fps/HDの撮影に対応しています。また超広角レンズによるタイムプラスの機能も追加されています。

9月より発売開始。

またGizChinaによると、中国の大手サイトであるJingdogはHuawei Mate30シリーズを9月20日より先行発売を開始するとアナウンスしていることが判明したとしています。このことからも、中国国内においては9月中に発売を開始する可能性が高いと判断することができます。

いよいよ正式発表になったHuawei Mate30シリーズですが、残念なことにGoogleアプリは非搭載になりました。ただカメラがやはり魅力的ですよね。特にビデオ。より詳細が分かり次第追記したいと思います。

 

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。auはこちらで。
SoftBankはこちらで。SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG