増税前に購入しよう。iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxおすすめの選び方。

IFA2019でXperia 5をはじめとした数多くの最新機種が発表された中、Appleが先日にiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの3機種を正式に発表しました。詳細は「何が進化した?iPhone 11・iPhone 11 Pro/iPhone XR・iPhone XSのスペック/デザイン比較まとめ。」をご参照下さい。

そしてこの発表されたばかりの3機種は本日21時より、AppleオンラインストアやDoCoMoを含めたキャリアのオンラインショップで予約が開始します。昨年はiPhone XRがすごく中途半端な立ち位置だったため、比較的選び安かったのですが、今年はiPhone XRの後継機種iPhone 11が非常に魅力的な仕上がりになったのでちょっと選択するのに難しくなったように思えます。

なので今回は、iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのおすすめの選び方について簡単にまとめたいと思います。



iPhone 11シリーズの違いを確認しよう。

さてまずは、iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの違いを簡単にまとめると以下のようになります。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
カラバリ6色4色
材質ガラスマットガラス
本体サイズ150.9×75.7×8.3mm144.0×71.4×8.1mm1508.0×77.8×8.1mm
重さ194g188g226g
ストレージ64/128/256GB64/256/512GB
防水/防塵水深2mで最大30分水深4mで最大30分

まず大きな違いはカラバリ。iPhone 11は6色展開で、比較的ポップな色合いとなっている一方で、iPhone 11 Proシリーズは比較的落ち着いた色合いです。さらにiPhone 11 Proシリーズは、iPhone初となるマットガラスを採用しており、バックパネルの耐久性が向上しているだけではなく、指紋が目立ちにくいという大きなメリットも。カラバリ以上に、マットガラスを採用しているかしていないかで大きく印象が異なると思います。

本体サイズはiPhone 11 Pro/iPhone 11/iPhone 11 Pro Maxの順に大きくなります。ちょっと残念なのは重さ。普通は本体サイズが小さくなるほど軽くなるんですけど、一番コンパクトなiPhone 11 Proでさえ188gとめちゃくちゃ重いです。このことからも、重さは気にする必要性はありません。iPhone 11 Proの重さでマイナスの印象であれば、新型iPhoneはおすすめしません。

そしてiPhone 11はようやくIP68に対応しました。ただこのIP68は真水以外に対応していません。つまりお風呂の熱湯や、海の塩水などは基本故障の原因になります。防水機能が強化されたからといって、不用心の使うとぶっ壊れます。注意しましょう。

 

ディスプレイを比較してみよう。

次にディスプレイを確認しようと思います。

ディスプレイiPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
ディスプレイ液晶有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.1インチ5.8インチ6.5インチ
表示解像度1792×828(324ppi)2436×1125(463ppi)2688×1242(458ppi)
最大輝度625nits800nits

ディスプレイの違いは液晶を採用しているかどうか。唯一液晶を採用しているiPhone 11でも画素密度が324ppiに対応しています。AppleがRetinaの定義を300ppi以上の画素密度としていることからも、例え液晶だろうと、れっきとしたRetinaディスプレイを搭載していることに違いはありません。あとは気にするべきは、最大輝度でしょうか。ちょっとiPhone 11のディスプレイが暗いです。

今までiPhone 8やiPhone 7など液晶を搭載してた機種を使ってきたユーザーからすれば、iPhone 11のディスプレイでも十分に満足できると思います。一方でiPhone XやiPhone XSなど有機ELディスプレイを搭載した機種を使ってきたユーザーは、iPhone 11をおすすめしません。有機ELディスプレイを搭載した機種を使った後に、液晶を見ると確実に汚くみえます。余計に目が疲れる感じがします。

 

カメラを比較してみよう。

次にメインカメラの違いを確認したいと思います。

メインカメラiPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
画素数12MP+12MP12MP+12MP+12MP
写真光学式手ブレ補正広角レンズのみ広角/望遠レンズ
光学式ズーム非対応最大2倍
デジタルズーム最大5倍最大10倍
光学式ズーム非対応最大2倍
ビデオデジタルズーム最大3倍最大6倍

iPhone 11は望遠レンズを搭載していません。そのため光学式ズームに非対応。さらにデジタルズームもちょっと弱め。せめて光学式2倍ズームに対応していれば汎用性が高かったんですが。注意点は、3機種共通して搭載された超広角レンズは、光学式手ぶれ補正非対応です。特にビデオ+超広角で撮影する場合は手ブレ対策が必須です。

メインカメラだけで確認すると、ズーム機能をよく使うか使わないか。使わないのであればiPhone 11で十分かと思われます。インカメラに関しては、3機種とも共通の仕様になっています。特にセルフィーをよく使う人はどの機種を選んでも大丈夫です。

 

電池持ちを比較してみよう。

次に電池持ちを比較してみると以下のようになります。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
バッテリーサイズ3110mAh3190mAh3500mAh
ビデオ再生最大17時間最大18時間最大20時間
ビデオストリーミング最大10時間最大11時間最大12時間
オーディオ再生最大65時間最大80時間

ちなみに各再生時間はワイヤレス環境で再生した場合です。なのでイヤホンで再生すればもっと電池持ちがよくなると思います。そしてバッテリーサイズに比例するように電池持ちが良くなっています。iPhone 11 Pro Maxがこの3機種の中では圧倒的です。

ただiPhoneの中では優秀であっても、最近のiPhone自体が電池持ちが良くありません。ちなみに海外サイトが公開した昨年3機種のバッテリーテストの結果をまとめると以下のようになります。

バッテリーテストバッテリーサイズスコア
iPhone XR2659mAh78H
iPhone XS2942mAh72H
iPhone XS Max3179mAH78H

ちなみに電池持ちが悪いXperia 1のスコアは79H。Galaxy Note10+は108H。Huawei P30 Proは100Hです。iPhone 11シリーズはバッテリーサイズも大きくなったことから、おそらくバッテリーテストの結果が改善するでしょう。それでもトップクラスのスコアを獲得することは難しいと思います。iPhone 11シリーズで電池持ちが悪いから、普通の印象に変わるくらいの改善でしょうか。

とりあえず、3機種の中で、電池持ちを優先するのであればiPhone 11 Pro Max。ただし他の機種と同様に電池持ちがいいとは限らない。って感じです。唯一液晶を採用しているiPhone 11がそこまで電池持ちが良くないのがちょっと残念です。液晶を採用するメリットの一つが電池持ちなんで。

 

どの機種を選ぶべきか。

ざっと違いを見てきました。その上で、あらためてまとめると以下のようになります。

ポイントおすすめ機種
カラバリの豊富さiPhone 11
質感iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max
持ちやすさiPhone 11 Pro
ディスプレイサイズiPhone 11 Pro Max
電池持ちiPhone 11 Pro Max
コスパiPhone 11

ポイント別でみると、やはりプレミアムモデルである、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxがおすすめに機種になります。ただコスパに限ってはiPhone 11が圧倒的にいいです。多くのユーザーはiPhone 11とiPhone 11 Proで迷うのではないでしょうか。正直iPhone 11 Pro Maxを購入する人は、最初からどの機種を選ぼうって迷わないと思います。

iPhone 11とiPhone 11 Proの価格差は約3万円あります。この価格差を見出すことができるかですよね。多くのユーザーはiPhone 11で十分に満足できると思います。その上で、上記にまとめたように、何か特出したこだわりがある人。例えば、ディスプレイが大きい方がいいとか。電池持ちがいいとか。価格よりこだわりを優先するのであれば、iPhone 11 Proシリーズを。強いこだわりがないのであればiPhone 11がベストな選択肢だと思います。

本日の夜よりまもなく予約が開始です。気になる人はとりあえず予約しておくことをおすすめします。



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG