Xperia 5が960fpsのスローモーションに対応しなかった理由。それは材料不足が原因。

先日には事前情報において Xperia 2と呼ばれていた Xperia 5が正式に発表されました。 Xperia XZ1 Compactなど歴代Compactモデル程小さくはありませんが、待望のコンパクトモデルです。詳細は「購入するか微妙に迷う。SONYがXperia 5を正式に発表。」をご参照下さい。また併売されることが決定している Xperia 1と Xperia 5の違いについては「意外と違いがある?Xperia 1とXperia 2の比較まとめ。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、 Xperia 1との違いの一つでもあるスローモーション撮影になぜ Xperia 5は対応しなかったのか。その理由が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



なぜスローモーション撮影に対応しなかったのか。

さて先日の情報からも、 Xperia 5が960fpsのスーパースローモーション撮影に対応していない理由は、 Xperia 1と異なりDRAMが搭載されていないからだとされています。その上で今回以下のように投稿されていることが判明しました。

There was a talk about DRAM being in short supply, also it may be another place for cost cutting. Or they are keeping them for X1 M2.

信憑性は判然としませんが、今回の投稿によると、DRAMが不足していることからも、 Xperia 5に搭載することを諦めたとしています。また今回の投稿によると、この不足しているDRAMは Xperia 1の後継機種に搭載するため、それまで保持する可能性が高いとしています。

今回の情報が正しければ、 Xperia 5が960fpsのスーパースローモーション撮影に対応していない理由は、材料不足が原因になります。ただ今回の投稿ではなぜDRAM不足になっているのか判然としません。 Xperia XZ premiumなどで初搭載されたと当初、スーパースローモーション撮影は非常に珍しい機能でしたが、今や多くの機種が対応しています。まあ今は珍しい機能ではありませんよね。

また他の機種と比較して、 Xperiaのスーパースローモーション撮影は、かなりの光量が必要など、ちょっと使いづらい面もあります。なのであまり重宝されている機能ではないかと思います。何よりスーパースローモーション撮影以外のカメラ機能がそのまま Xperia 5に移植されたことこそ重要ですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG