本体価格に差が?Huawei Mate XはKirin980/Kirin990の2つのモデルが存在に。

先日の情報からも発売延期を繰り返しているHuawei Mate Xですが、11月までに発売を開始する可能性が高いことが判明しています。詳細は「最終段階へ。Huawei Mate Xは10月に発売を開始へ。」をご参照下さい。さらに先日の情報からも、Huawei Mate Xは2月の発表時点と異なり、Kirin990やアップグレードされたカメラを搭載している可能性が高いことが判明しています。詳細は「発売が遅れてよかったのか。Huawei Mate XはKirin990にHuawei P30 Proと同様のカメラセンサーを搭載に。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、Huawei Mate XはKirin980搭載モデル。そしてKirin990 5G搭載モデル。合計2つのモデルが存在している可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



2つのモデルが存在に。

IFA2019において、Huawei Mate Xは10月もしくは11月に発売を開始することを明らかになりましたが、今回の情報によると、Huawei Mate XはKirin980/Kirin990 5Gを搭載した2つのモデルが存在しているとしています。

少なくともKirin980はBalong5000と別々に搭載されており、無駄に内部スペースの幅をとっていることが判明しています。詳細は「Huawei Mate30 Proの内部設計にも影響に?Balong5000は効率が悪くさらに占有スペースも大きい。」をご参照下さい。一方で先日発表されたばかりのKirin990 5GはBalaong5000が統合された世界初の5Gモデム統合型SoCとなっており、さらにSA / NSAデュアルアーキテクチャおよびTDD / FDD全周波数帯域をサポートしていることが判明しています。

今回の情報では、内部構造がことなるのか判然としませんが、少なくともユーザーからすればKirin990 5Gを搭載しているモデルの方がほしいですよね。この2つのモデルが存在したとして、発売地域によって、販売するモデルを分けるのか正直判然としません。それとも、Kirin980とKirin990 5Gではかなり原価コストが異なるんでしょうか。

Huawei Mate Xは5Gに対応していることからも、日本で発売される可能性はかなり低いです。それこそ、購入したい場合は、SIMフリーモデルを狙うしかありません。とはいえ30万円近くするモデルに、わざわざ2つのモデル。続報に期待しましょう。



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG