意外と違いがある?Xperia 1とXperia 2の比較まとめ。

IFA2019において、SONYは最新機種であるXperia 5を正式に発表しました。詳細は「購入するか微妙に迷う。SONYがXperia 5を正式に発表。」をご参照下さい。事前情報において、Xperia 2と呼ばれていた機種になります。ぱっと見の印象では、Xperia 1を小型化した機種のようにも見えます。

さて今回Xperia 1とXperia 2何が違うの簡単にまとめたいと思います。



デザインを比較してみよう。

さてまずデザインから確認したいと思います。Xperia 1と同じくシネマワイド(アスペクト比21:9)を採用しており、縦長のデザインとなっています。一応デザイン関係のスペックをまとめると以下のようになります。

Xperia 1Xperia 5
本体サイズ167 x 72 x 8.2 mm158 x 68.3 x 8.3 mm
重さ178g164g
カラバリ紫/黒/白/灰緑/赤/黒/白

サイズ的には、一回りいかないくらいXperia 5の方が小さくなっています。ほぼXperia 10の大きさと一緒。Xperia XZ1 Compactなど歴代Compactモデルの横幅が65mm程度でかつ、本体の厚みが9.5mm程度であることを考えると、Xperia 5は明らかにCompactモデルユーザーを意識した仕様になっていると判断することができます。

Xperia 1では、懐かしのパープルが復活しましたが、Xperia 5で不採用に。ただXperia XZ3の時にラインナップされていたレッドがXperia 5では復活。全体的に暗めのカラーとなっていますが、本体がコンパクトであること。そしてカラバリからも、女性を意識したデザインになっていると判断することができます。

 

基本スペックを比較してみよう。

とりあえず基礎スペックを比較してみると以下のようになります。

Xperia 1Xperia 5
OSAndroid9.0
SoCsnapdragon855
RAM6GB
ROM128GB
生体認証指紋
防水/防塵IP68
SDカード最大512GB

基礎スペックを比較すると、一緒であることを確認することができます。Xperia 1はプレミアムモデルで、Xperia 5はフラッグシップモデルと言われている中、良く言えば、Xperia 1の魅力的なスペックが、Xperia 5のコンパクトなボディに濃縮されている。悪く言えば、Xperia 1のスペックを使いまわししています。まあその方が、部品コストも安くなるので、赤字ギリギリのSONYにとってはいいのかもしれません。

ただ来年以降もRAM6GB/ROM128GBはできれば継続して欲しくない。スペックが全てというわけではありませんが、やはりユーザーが購入する際に、気にする要素の一つとしてスペックは絶対的です。RAM6GB/ROM128GBはHuaweiやSamsungのミドルレンジモデルよりひどいですからね。

 

ディスプレイを比較してみよう。

次にディスプレイを比較してみたいと思います。

Xperia 1Xperia 5
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.5インチ6.1インチ
表示解像度3840×16442520×1080
画素密度643ppi449ppi
画面占有率82.22%80.52%

共通して有機ELディスプレイを採用しています。Xperia 1は世界初の 4K OLED HDRに対応した機種として、ディスプレイをかなりアピールしましたが、Xperia 5はXperia 1のようなアピールポイントがありません。仮にXperia 5をCompactモデルの立ち位置にするのであれば、歴代Compactモデルはディスプレイのスペックは控えめ。

ただCompactモデルの方が、ディスプレイテストを行うと、好成績を残すことが多いです。なのでXperia 5のディスプレイテストがどのような結果になるのか楽しみです。また画素密度は、449ppiあります。Galaxy Note10が400ppiであることを考えると、Xperia 5でも十分に綺麗なディスプレイだと判断することができます。

またデザインと重複しますが、ほぼ同じデザインでありながらも、画面占有率を見ると、僅かにXperia 5の方がベゼルが太いことを確認することができます。とはいっても実際に比較してみないと、その違いは分からないくらいの差だと思いますが。

 

バッテリーを比較してみよう。

次に多くのユーザーが気になるであろうバッテリー関連のスペックをまとめると以下のようになります。

Xperia 1Xperia 5
バッテリーサイズ3330mAh3140mAh
充電速度18W
ワイヤレス充電非対応
リバースワイヤレス充電非対応

バッテリーサイズは僅かに小型化。Xperia 1がディスプレイサイズや表示解像度のことを考えると、ちょっと小さぎるのかもしれませんが。表示解像度が下がり、さらにディスプレイサイズが小さくなっていることからも、Xperia 1よりは電池持ちがいいかもしれません。

Xperia 1のバッテリーテストの結果は散々だったので。詳細は「海外サイトが酷評。「Xperia 1」は歴代「premium」モデルから「電池持ち」は進化せず。そして充電時間が長すぎに。」をご参照下さい。2018年に登場したXperiaは、比較的大型バッテリーを搭載していましたが、2019年に登場したXperiaはとにかくバッテリーが小さい。Xperia 5のバッテリーテストの結果にはちょっと期待したいところです。

充電速度については変化なし。またワイヤレス充電にも対応しませんでした。一部情報では、Xperia 5はワイヤレス充電に対応すると予測されていたので非常に残念な結果とも言えます。

 

カメラを比較してみよう。

次にカメラスペックを比較すると以下のようになります。

Xperia 1Xperia 5
メインカメラ12MP+12MP+12MP
インカメラ8MP(HDR)
スローモーション960fps120fps
瞳オートフォーカス人間のみ

カメラに関しては、基本Xperia 1と同じです。なので、Xperia 1のカメラに満足できない人はもちろんXperia 5のカメラにも満足することができません。一部情報では瞳オートフォーカスが動物を被写体でも撮影が可能になると予測されていましたが、残念なことに対応しませんでした。ちなみにXperia 5もSONY肝いりのCinema Proはプリインストールされています。

 

比較した結果。

先日の情報では、Xperia 1は9月で生産終了になるとされていましたが、Xperia 1とXperia 5は併売になります。なのでXperia 1が従来のフラッグシップモデルで、Xperia 5が従来のコンパクトモデルの立ち位置になることで間違いないと思います。つまりCompactモデルを望むユーザーは下期に登場するXperiaを待てばいいと、ユーザーにとっても買い時がわかりやすくなったともいえます。

逆に言えば、上期に発表されたXperiaに興味を持つことができなければ、その1年はあまり期待ができない年になると思います。先述しましたが、Xperia 5はXperia 1の魅力をコンパクトに濃縮したモデルになり、今回比較してみましたが、そこまで大きな違いはありません。Xperia 1は上期に登場した機種とはいえ、Xperia 5が登場することで、型落ちになるわけでもなく、自分が好むサイズの機種を選ぶのがベストな選択肢だと判断することができます。

Xperia 5が発表されたことで、Xperia 1の購入を躊躇していた人も、購入しやすくなったと思います。



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG