購入するか微妙に迷う。SONYがXperia 5を正式に発表。

直近の情報においても、SONYはIFA2019で新型Xperiaを正式発表することが確実視されており、さらに公式プレス画像がすでにリークしていました。さて今回SonyがIFA2019において、Xperia 5を正式に発表したので簡単にまとめたいと思います。



デザインを確認しよう。

5月中旬には有名なリーカーであるOnLeaks氏が、自身のTwitterにおいて、CADを基に作成したXperia 2のレンダリング画像を公開していましたが、レンダリング画像と全く同じデザインを採用していることを確認することができます。それこそ違うのはその名称のみ。

Xperia 1/Xperia 10を踏襲して、アスペクト比21:9を採用しているため、縦長のデザインとなっています。またXperia 1と大きく異なるのはメインカメラの搭載位置。Xperia 1が背面中央だったのに対して、本体左端に移動しています。あまり知られていませんが、カメラの搭載位置によって、内部スペースはかなり圧迫されます。だからこそ、カメラを搭載する位置は内部設計する上でも非常に重要です。

例えば、Galaxy S10シリーズまでは、トリプルレンズカメラが本体中央に並列型で搭載されていましたが、Galaxy Note10シリーズでは、背面左端に垂直型で搭載されています。搭載位置を変更した大きな理由としては、内部スペースを確保するためだと判断することができます。ただ、Galaxy Note10シリーズの場合はそれでも、内部スペースが足りず、イヤホンジャックなどが廃止になっています。

もともと搭載されているバッテリー容量が小さいXperiaでは妥当な判断であり、むしろXperia 1は相当内部設計に苦労したと判断することができます。また164gとハイエンドモデルの中ではかなり軽量な部類に入ります。

デザインスペック
本体サイズ158 x 68.3 x 8.3 mm
重さ164g
カラバリブラック/ホワイト/レッド/グリーン
アスペクト比21:9

 

スペックを確認しよう。

次に基本的なスペックをまとめると以下のようになります。

基本スペックスペック
OSAndroid9.0
SoCsnapdragon855
RAM6GB
ROM128GB
SDカード対応
生体認証指紋
防水/防塵IP68

一部情報では、snapdragon855+を搭載していると予測されていましたが、実際にはsnapdragon855を搭載。まだ下期で発表される機種が揃ったわけではありませんが、思っていた以上にsnapdragon855+を搭載している機種は少ないですよね。スペックてんこ盛りにするSamsungすら採用しなかったことを考えると、何かあるのかもしれませんね。基礎スペックを確認すると、Xperia 1と同じです。日本での発売がほぼ確実ですが、この調子だと、またキャリアモデルはROM64GBになりそうですよね。

 

ディスプレイを確認しよう。

冒頭でも記述しましたが、アスペクト比21:9のシネマワイドを搭載。ディスプレイは6.1インチの有機ELディスプレイを採用。ディスプレイサイズがコンパクトになったこともあり、本体サイズもXperia 1と比較してより持ちやすくなっています。

ただ表示解像度に関しては、ちょっと中途半端。正直4Kは不要だと思いますが、FHD以上、2K以下という微妙な感じに。とはいえ、SONYのエンジニアがしっかりとチューニングをしていることもあり、高精細なディスプレイを搭載していることに変わりはありません。

一時期は表示解像度を上げることがトレンドの一つとなっていましたが、Huawei P30 ProやHuawei Mate30 Proでさえ、表示解像度はFHDに。SamsungでさえGalaxy Note10をFHDにしていることからも、スマートフォンのディスプレイサイズでは、結局FHDで十分だというところに落ち着いたのかもしれませんね。それこそ表示解像度は電池持ちに直結するので、可能な限り電池持ちがいい仕様にしてほしいところです。

ちょっと気になるのは、昨年発売されたXperia XZ3のように、ユーザーの任意で表示解像度を変更できるのか。それともXperia 1のように動画や写真など、シーンに合わせて表示解像度が自動的に変更されるのか。これは続報を待った方が良さそうです。

ディスプレイスペック
ディスプレイ有機ELディスプレイ(HDR)
ディスプレイサイズ6.1インチ
表示解像度2520×1080
画素密度449ppi

ちなみに画面占有率を確認する限りでは、Xperia 1とほぼ一緒です。なのでXperia 1をそのまま小さくしたと考えた方が分かりやすいかもしれません。

 

バッテリーを確認しよう。

そして多くのユーザーが気になるのは電池持ち。とりあえずスペックをまとめると以下のようになります。

バッテリースペック
バッテリーサイズ3140mAh
充電速度18W
ワイヤレス充電非対応
リバースワイヤレス充電非対応

本体サイズが小さくなっていることからも、必然的にバッテリーサイズも僅かですが、Xperia 1と比較すると、小さくなっています。ただXperia 1のように4Kで表示されることがないことからも、Xperia 1よりは電池持ちがいいかもしれません。なにせXperia 1のバッテリーテストの結果は微妙だったので。詳細は「海外サイトが酷評。「Xperia 1」は歴代「premium」モデルから「電池持ち」は進化せず。そして充電時間が長すぎに。」をご参照下さい。

充電速度に関してはXperia 1と変わらず、最大18Wに。バッテリーサイズを考えると、1時間程度でフル充電できるので、Galaxy Note10+やHuawei Mate30 Proと比較すると物足りなさを感じますが、これで十分かと。現にXperia 1の充電速度に不満を持ったことはありません。そしてワイヤレス充電、リバースワイヤレス充電には対応していません。ですが、このバッテリーサイズだと、他のものとシェアしている場合じゃないかもしれませんね。

 

カメラを確認しよう。

そしてXperia 1で劇的に進化したカメラを確認したいと思います。

カメラスペック
メインカメラ12MP+12MP+12MP
インカメラ8MP(HDR)

事前情報においては、TOFセンサーが搭載される可能性があるとか、カメラセンサーが大型化されるとか予測されていましたが、実際にはXperia 1とほぼ同じ仕様になっています。なので残念なことにTOFセンサーやカメラセンサーの大型化は来年以降に持ち越しです。

瞳オートフォーカスに関しては継続して採用していますが、スーパースローモーションに関してはXperia 1が960fpsから120fpsと大幅ダウン。またおそらく厳しいのか、ちょっと期待していたのは、広角レンズにオートフォーカス機能が搭載されること。残念なことに実際には搭載されませんでした。

 

発売時期と本体価格

少なくとも、発売時期に関しては、10月より対象地域で発売開始。また一部情報によれば、地域によっては来週からも予約が開始することが判明しています。詳細は「Xperia 2改め正式名称はXperia 5に。ヨーロッパでは10月より発売開始に。」をご参照下さい。

昨年と同じ流れであれば、日本市場では10月中旬に正式発表で、10月下旬から11月上旬に発売が開始になると考えることができます。SIMフリーであれば一足早く入手できそうですね。価格に関しては正式発表されていませんが、日本円で約7万円程度になると予測されています。詳細は「Xperia 1の良さをコンパクトに。Xperia 2の本体価格はやはり7万円程度になる可能性。」をご参照下さい。

事前情報が正しければ、ハイエンドモデルでありながらも、非常に購入しやすい価格設定ですよね。さらにキャリアモデル用にカスタマイズされれば、さらに価格が安くなるかもしれません。

 

ラインナップがより明確化。

上期に登場したXperia 1がプレミアムモデル。そしてXperia 5がフラッグシップモデル。そしてXperia 10がミドルレンジモデルと、なんとなく全体像が見えるようになってきました。あとはそれぞれの後継機種が、どのような名称を採用するかですよね。

先日の情報からも業績回復のためなのか、Xperia 10の後継機種の開発は中止になったことが判明したとしています。詳細は「Xperia 20の開発は中止に?IFA2019においてSONYはXperia 2のみ発表になる可能性。」をご参照下さい。このことからも、来年のMWC2020において、Xperia 1の後継機種が発表されて、ようやく今後のXperiaの展望が見えると思います。

ようやくコンパクトモデルを待望しているユーザーにおすすめのXperiaが正式発表されました。Xperia 1ほどのスペックはありませんが、小さなボディに魅力がぎゅっと詰まっていて、さらに本体価格が安ければ、Xperia 1以上に売れるかもしれませんね。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG