Huawei Mate30 Proはやり大型ノッチを搭載に。Mate30シリーズの中で唯一異なるデザインに。

今年の秋には正式発表が予測されている、Huawei Mate30/Huawei Mate30 Proですが、先日には多数のレンダリング画像がリークしており、背面のクアッドレンズカメラが、サークル型を採用するのか、それとも従来と同じくスクエア型を採用するのか判然としない状況にあります。詳細は「サークル型の「カメラデザイン」を採用へ。「Huawei Mate30 Pro」のレンダリング画像が公開。」をご参照下さい。

そのデザインは判然としないながらも、先日Huaweiが申請した商標登録から、クアッドレンズカメラの名称はマトリックスカメラという名称になることは判明しています。詳細は「Huawei Mate30 Proに採用されるクアッドレンズカメラの正式名称はマトリックスカメラであることが判明に。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、Huawei Mate30 Proのスクリーンプロテクターがリークし、やはり大型のノッチを採用していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



スクリーンプロテクターがリーク。

さて今回リークしたHuawei Mate30 Proのスクリーンプロテクターが上記の画像になります。Huawei Mate20シリーズ/Huawei P30シリーズと水滴型ノッチを採用してきた中、Huawei Mate30 Proは、大型ノッチを採用することを確認することができます。ノッチが大型化する理由としては、やはり先日の情報通り3D顔認証に対応することが主な理由だとされています。

また一部情報では、インカメラ部分にもTOFセンサーを搭載する可能性があると予測されています。また今回の情報によると、先日の情報と異なり、Huawei Mate30に関しても、同じ大型ノッチを採用する可能性が高いとしています。つまりHuawei Mate30に関しても3Dの顔認証を搭載している可能性が高い。

少なくともHuaweiは今後Galaxyとより一層比較対象になる中で、Huawei Mate30 Proはノッチの大型化。一方でGalaxy Note10はノッチの小型化が施されており、ノッチに関しては対象的な存在になっていることを確認することができます。ちなみに先日にはGalaxy Note10+とHuawei Mate30 Proのレンダリング画像を比較したものも公開されています。詳細は「正直Huawei Mate30 Proのデザインも悪くない。Galaxy Note10と比較したレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

Huawei Mate30/Huawei Mate30 Proは昨年通りであれば、10月中旬に正式発表。11月上旬より発売を開始と、他のAndroid機種と比較しても、その発売時期がちょっと遅いのが残念ですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG