Xperia 1Rは5G/5K対応で10万円以下の価格設定に。そして10月に発売へ。

Xperia 1が発表された直後くらいから、今年は5Gに対応したXperiaが登場する可能性があると予測されていました。その中で、Xperia 2には5G対応モデルがあるとされてきましたが、先日明らかになったのが5K/5Gに対応したXperia 1Rの存在です。詳細は「「Xperia 2」ではなく。「IFA2019」において「5K/5G」に対応した「Xperia 1R」が正式に発表に。」をご参照下さい。

少なくとも、Xperia 1と比較して下半期に登場すると予測されていた次期Xperiaは通常のフラッグシップモデルになると予測されていました。ただSONYの関係者の話として、MWCで発表された機種と比較して、IFAで発表する機種はアップグレードモデルになると発言しています。だからこそ、その情報に矛盾が生じていました。

しかしながら先日明らかになったXperia 1RはXperia 1のアップグレードモデルとして判断することができ、その情報に矛盾は生じないことからも、より信憑性が高いと考えることができます。さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、Xperia 1Rは本体価格が10万円程度で10月に発売を開始すると投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



Xperia 1Rの本体価格と発売時期。

さて今回投稿されていた内容をまとめると以下のようになります。

Xperia 1R投稿内容
発売時期9月
発売時期(中国)10月上旬
本体価格(中国)5999(約9万4000円)

まず発売時期に関しては、グローバルモデルが9月と妥当な時期だと判断することができます。Xperia XZ1やXperia XZ1 Compactはアメリカ市場でも9月下旬に発売を開始していました。ただ昨年のXperia XZ3は例年よりちょっと遅く、10月上旬にずれ込んでいました。

そして中国市場においては、10月上旬としています。このことからも、Xperia 1と同じ流れで、9月下旬にヨーロッパで発売を開始し、10月上旬にアジア圏で発売を開始すると考えることができます。となるとEtoren/Expansysなどで発売されるのは10月上旬から中旬になると考えることができます。

そして本体価格に関しては、現地価格で5999元としています。つまり9万4000円程度です。Xperia 1と比較してもかなり安いですよね。Xperia 1Rの詳細なスペックは判然としませんが、Xperia 1とある程度、部品を共通化することで徹底的にコストカットしていると考えることができます。5G対応機種で、この価格設定はやばいです。

 

やはりXperia 2とは別の機種に?

先日の情報からも、DoCoMoが秋冬モデルとして扱う新型Xperiaは3モデル存在していると予測されています。詳細は「「Xperia Z5」シリーズ以来に。「DoCoMo」の「冬モデル」は「Xperia 2」を含めた「3モデル」展開に。」をご参照下さい。この情報を基に考えると、Xperia 2/Xperia 1R/Xperia 20の3モデル展開になると考えることができます。

秋冬モデル立ち位置
Xperia 2ハイエンドモデル/4G対応
Xperia 1Rプレミアムモデル/5G対応
Xperia 20ミドルレンジモデル/4G対応

こうやってみてみると、非常にバランスがいいように感じます。ただ仮にXperia 1Rが本当に登場すれば、Xperia 1がプレミアムモデル扱いになると予測しているZackbuks氏の発言が的外れになるとも言えます。

個人的には、キャリアモデルで5Gモデルをラインナップするのは、まだ早い感じがしてしまいます。もう間も無く、5Gが試験的に開始しますが、主に利用するのは法人になります。なので法人向けに5G対応機種を販売すれば十分だと判断することができます。

それともユーザーの機種変更サイクルが長期化していることからも、今年機種変更のタイミングであるユーザーに対して、5Gを訴求するために5G対応モデルを用意するのでしょうか。果たしてIFA2019で正式に発表されるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG