徹底的にコストカット。「Galaxy Note10」は「45W」の急速充電に「25W」の充電器が付属。

「Galaxy S10」シリーズ以上に、デザインの刷新になることが判明している「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」ですが、先日の情報からも、最大で「1TB」に対応すると予測されている一方で、「Android」としては割と当たり前となっている「SDカード」に対応しない可能性が高いと予測されています。詳細は「購入時の「容量」選びが非常に重要へ。「Galaxy Note10」は「SDカード」スロットに非対応へ。」をご参照下さい。

ただ「4G」モデルなのか「5G」モデルの話なのか。それとも「Galaxy Note10」の話なのか「Galaxy Note10+」の話なのか判然としませんが、「ベースモデル」の「ストレージ」が「256GB」に対応している可能性が高いと予測されています。さて今回韓国のメディアサイトにおいて、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」は「45W」の「急速充電」に対応する可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「25W」の「充電器」が付属する。

以前より、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」は「45W」の「急速充電」に対応される可能性が高いと予測されていましたが、上記の画像からも、やはり「45W」の「急速充電」に対応するとされていることを確認することができます。「Galaxy S10」シリーズと比較しても、「充電速度」は大幅に改善されるますね。

一方で付属する「充電器」においては、「25W」になることを確認することができます。つまり「Galaxy Note10」を最高速度で充電するには、付属の「充電器」では無理で、あくまでも別途購入する必要性があると判断することができます。ユーザー自身で別途用意しなきゃいけないのは、ちょっと残念ですが、「Samsung」としては「25W」対応の「充電器」を付属させるということは、それでも十分にユーザーの満足度を得られると判断していると考えることができます。

ちなみに「Galaxy S10」シリーズでは、「15W」の「充電器」が付属しており、「Galaxy S10 5G」においては、「25W」の「充電器」が付属しています。つまり「Galaxy Note10」は「Galaxy S10 5G」の部品を共通化して採用することで、「コストカット」していると判断することができます。

 

「ワイヤレス充電」は「13W」に対応か。

事前情報では、「Huawei P30 Pro」のように最大「20W」の「ワイヤレス充電」に対応すると予測されていましたが、今回の情報によると、最大「13W」の「ワイヤレス充電」に対応することが判明したとしています。ちなみに「Galaxy S10」シリーズが「13W」に対応していることからも、「Galaxy Note10」シリーズ」ではに変更点はないと判断することができます。

とはいっても、もともと「ワイヤレス充電」に「充電速度」をそこまでも求める人もいなければ、「iPhone XS」シリーズと比較しても、「2倍」の速度なんで、むしろ「Huawei」や「Xiaomi」の機種が異常だと思います。

正式発表まであとわずかだと判断することができます。まずは「正式発表」を楽しみにまちましょう。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG