「Xperia XZ2 premium」から「Xperia 1」に機種変して思うこと。絶対に買い換えるべきだと思う。

途中でHuaweiやGalaxyなど、他の機種を使っていますが、2018年に使ったXperiaは、Xperia XZ2とXperia XZ2 premium。そして2019年にはXperia 10 Plus/Xperia L3/Xperia Ace/Xperia 1です。Xperia 10 PlusとXperia L3/Xperia Aceはミドルレンジモデルとなるため、あまり比較の対象になりません。ハイエンドモデルとしては、Xperia XZ2 premium以来となります。

一応Xperia XZ2 premiumを使った時の所感については、「分かってたけど。「Xperia XZ2 premium」を数日使ってみて残念だったこと。」をご参照下さい。Xperia 1を購入して、早くも1ヶ月経過したので、先日にはXperia 1を使ってみて実際に感じた残念なことをまとめてみました。詳細は「「1ヶ月使用レビュー」「Xperia 1」を購入すべきか。「Xperia 1」が売れない理由をまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回は、Xperia XZ2 premiumとXperia 1を比較して、Xperia 1に絶対に機種変更するべきだと思ったので簡単にまとめたいと思います。



Xperia XZ2 premiumとXperia 1を比較してみて。

Xperia XZ2 premiumは、2018年に発売を開始した新型Xperiaの中で唯一のpremiumモデルになります。一方でXperia 1に関しても、有名なリーカーであるZackbuks氏は、2019年に登場するXperiaの中で唯一のpremiumモデルになるとされています。つまりXperia 1はXperia XZ2 premiumの実質後継機種であると判断することができます。

では同じpremiumモデル同士、簡単にポイントのみを比較すると以下のようになります。

Xperia XZ2 premiumXperia 1
デザインアンビエントフローオムニバランス
ディスプレイ液晶有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ5.8インチ6.5インチ
アスペクト比16:918:9
本体サイズ158 x 80 x 11.9 mm167 x 72 x 8.2 mm
重さ236g178g
メインカメラ19MP+12MP12MP+12MP+12MP
バッテリー3540mAh3330mAh
ワイヤレス充電対応非対応

その上で個々にポイントを確認していきたいと思います。

 

デザインと本体サイズの比較。

まずデザインから確認したと思います。Xperia 1に採用されているオムニバランスデザインは、初代Xperia Z登場以降、約7年間採用されているデザインとなっており、ユーザーにも親しまれているデザインとなっています。もちろん、このデザインが正解かどうかはユーザー次第だと思います。でもXperia XZ2 premiumに採用されたアンビエントフローは、新デザインとして注目されましたが、わずか1年で終了しました。まさにSONYの黒歴史です。

手にフィットする形状とSONYはアピールしましたが、本体サイズは大きくなり、重量は増し、さらに本体の厚みが増す。海外サイトは、Xperia XZ2シリーズを2018年に発売された機種の中で、最も分厚く最も不恰好な機種だと酷評しました。手にフィットしやすくなったとしても、その分持ちにくくなっては仕方ありません。特に発売時期がずれこんだXperia XZ2 premiumは、前モデルであるXperia XZ premiumの評価が高かった分、その反動が大きく、史上最低のpremiumモデルと酷評されました。

一方で、Xperia 1に関しては、その反省点を活かしたのか、オムニバランスデザインを採用していることもありますが、大幅に薄型化・軽量化に成功しています。少なくとも持ちやすさにおいて、Xperia XZ2 premiumと比較にならないくらいXperia 1の方が優れています。

また側面に指紋認証を搭載していることもポイントです。横幅がスリム化されたこともプラス要素として働き、片手での一連の操作は非常に快適です。一方でXperia XZ2 premiumは、指紋認証の搭載位置が背面にあり、さらに需要があるのか、片手モードでの使用を想定しているため、その搭載位置は非常に低く、認証しずらいと批判されました。

 

ディスプレイとアスペクト比の比較。

Xperia XZ2 premiumとXperia 1の大きな違い違いとしては、アスペクト比とディスプレイです。まずアスペクト比に関して、Xperia XZ2 premiumは2018年で発表された機種の中で唯一アスペクト比16:9を採用しています。つまりデザイン性に統一感がない。SONYはアスペクト比16:9を採用した理由として、視聴体験を優先させるためだとしていますが、実際には、snapdragon845がアスペクト比18:9における4K HDRの表示解像度に対応していないかったことが原因だとされています。

その真意はわかりませんが。一方でXperia 1はアスペクト比21:9に対応しました。対応コンテンツが圧倒的に少ないことからも、正直なんとも言えませんが、いち早く最新技術を採用したXperia 1と、時代遅れ感がある技術を採用したXperia XZ2 premiumでは、ユーザーにあたえるその印象は大きく異なります。

そしてディスプレイに関しては、Xperia 1のほうが、有機ELディスプレイを搭載しているため、4Kでレンダリングされていない時であっても、Xperia 1のほうが綺麗。とはいえ、Xperia XZ2 premiumのディスプレイにも特段不満があるわけではない。むしろ画素密度に関してはXperia XZ2 premiumの方が上ですからね。

ただ一つ言いたいのは、Xperia XZ2 premiumの方が、バッテリーサイズが大きく、液晶を採用しているのに、Xperia 1より電池持ちが悪いのか。Xperia 1の電池持ちが頑張っているとも考えることができますが、Xperia XZ2 premiumの電池持ちは、バッテリーテスト上でも、実際の使用感でも残念な感じです。特に待機時間における消費量は大きく異なります。

2018年に登場したXperia XA2シリーズをはじめ、Xperia XZ2シリーズと、バッテリーの大型化がメインとなっており、特にXperia XA2シリーズは歴代Xperiaの中でもトップクラスの電池持ちを実現しています。アスペクト比の変更による本体デザインの変更が原因の可能性もありますが、僅か1年において、大きく方針が異なっており、その結果電池持ちが悪くなるという流れは、ユーザーからすれば最悪です。

 

メインカメラの比較。

カメラに関しては、Xperia 1は初のトリプルレンズカメラを搭載しています。でも低照度における撮影においては、Xperia XZ2 premiumは、モノクロセンサーを搭載していることからも、強いです。実際に対応しているISO感度もXperia XZ2 premiumの方が上です。Xperia XZ2 premiumの発売時期がずれた理由の一つとして、カメラソフトの開発が遅れだとされていますが、それでもカメラソフトの完成度は残念な感じです。

その点、Xperia 1は、センサーにSamsung製を採用してまで最適化したこともあるのか、カメラソフトの完成度は高いです。なので、カメラに期待するのであれば、やはりXperia 1の方がいい。そしてXperia 1はXperia初として光学式手ぶれ補正に対応していることも大きなポイントです。

 

Xperia XZ2 premiumから機種変更する価値あり。

今回のポイントを確認すると、Xperia 1よりXperia XZ2 premiumの方が優れていると思うことは正直ありません。Xperia XZ2 premiumを使っているユーザーからすれば、Xperia 1に機種変更するば、その満足度はかなり高くなると判断することができます。そしてXperia XZ2 premiumで、Xperiaに失望する前に、ぜひXperia 1に乗り換えて欲しい。

やはりXperia XZ2 premiumを購入するユーザーは、大型ディスプレイを求めているユーザーなので、Xperia 1のディスプレイサイズにも満足できると思います。気になる方はぜひチェックして見てください。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG